주요 기사 바로가기

ARMYにとってソウルの所々はBTSのテーマパーク(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.30 12:00
0
26日公演はネイバー(NAVER)のVライブで、27日公演は劇場で生中継してプラットホームを多角化したのもフェスティバルの雰囲気を盛り上げた。6月英国ロンドン・ウェンブリー公演当時、初めて挑戦して14万人が見守ったオンライン生中継が公演を楽しむことができる新しいプラットホームとして位置づけられたわけだ。ベトナムから来た会社員のリハクエンさん(25)は「ベトナムで今回のツアーが開かれないことを残念に思ったが、その代わりにウェンブリー公演をオンラインで見た」として「表情まで逃がさずに多様な角度で見ることができるメリットがあるが、やはり現場の雰囲気を感じたいと思って休みを取って韓国を訪れた」と話した。

27日、CGV・メガボックス・ロッテシネマなどで開かれたライブビューイングの予約も激しかった。1万3000席余りがあっという間に売り切れたほどだ。劇場でも中央コントロール方式でARMY Bomb(ペンライト)の照明を色取り取りに演出して公演会場のような雰囲気を感じられるようにした。450席規模のコエックス(COEX)MX館は海外のファンたちはもちろん、子供とともに家族ぐるみで来た観覧客が目についた。8歳の娘と4歳の息子を連れてきたキムさん(40)は「コンサートは満9歳以上が観覧可能で昨日は一人で行ったが、今日は子供たちと皆で一緒に見ることができてさらに良かった」と話した。

防弾少年団は29日公演で1年2カ月間の大長征を終えた。昨年8月に始めたワールドツアー「LOVE YOURSELF」と拡張版であるスタジアムツアー「LOVE YOURSELF:SPEAK YOURSELF」で全世界23都市で62回の公演を通じて206万余観客に会った。300余りのドローンが紫色で飾った夜空を背景に『Mikrokosmos』を歌いながらこの日の公演を終えた彼らは「ウェンブリーのように大きな舞台で公演することができたのは私たちを見てくれた皆さんがいたから」とし、「さらに素敵な舞台を経験できるように支えてくれたARMYに感謝する」と感想を明らかにした。

彼らはスタジアムツアーだけで1500億ウォン(約140憶円)以上の収益を上げたと推算される。全席11万ウォンである今回のソウル公演はチケット収益だけで約143億ウォンに達する。さらに、ネイバーのVライブで3万3000ウォン(14万人仮定)、劇場で2万8000ウォンを決済した有料観客を加えれば、50億ウォン程度の追加収益が予想される。翌月24日に開かれるアメリカン・ミュージック・アワードで「ツアー・オブ・ザ・イヤー(Tour of the Year)」など3部門にノミネートされた。

これによる間接効果も相当するものと見られる。6月に行われた防弾少年団第5期ファンミーティングの経済的効果を研究した高麗(コリョ)大学経営大学のピョン・ジュヒョン教授は「ファンミーティングの観覧客のうち10%程度が外国人なので相当な間接効果を誘発したが、今回のコンサートはその割合がより大きくなるものと見られる」として「かつて商品を輸出していた経済構造から抜け出し、文化コンテンツから始めて韓国へ観光客の流入をも呼び込む新しい形態の文化産業に発展している」と説明した。 ARMYにとってソウルの所々はBTSのテーマパーク(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP