주요 기사 바로가기

KAWASAKIしんゆり映画祭、日本軍慰安婦扱った映画『主戦場』上映中止

ⓒ 中央日報日本語版2019.10.25 15:52
0
神奈川県川崎市で27日に開幕する「KAWASAKIしんゆり映画祭」で慰安婦被害者を扱ったドキュメンタリー映画『主戦場』の上映が中止された。

25日付けの朝日新聞の記事によると、NPO法人「KAWASAKIアーツ」が主催する同映画祭で『主戦場』が上映される予定だった。

しかし、一部の映画出演者による上映禁止要求をめぐる訴訟問題が明らかになり、共同主催者である川崎市当局が懸念を示し上映が中止された。

映画『主戦場』は7月25日に韓国で公開された。当時ミキ・デザキ監督が自ら韓国を訪れ、15日には韓国で試写会と記者懇談会に出席した。

デザキ監督は「表現の自由を守る努力をしなければ、政府の意向に合った作品だけ上映できなくなる」と不満を示したと朝日新聞が伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    KAWASAKIしんゆり映画祭、日本軍慰安婦扱った映画『主戦場』上映中止

    2019.10.25 15:52
    뉴스 메뉴 보기
    映画『主戦場』の韓国ポスター
    TOP