주요 기사 바로가기

<サッカー>南北試合に驚いたAFC、カップ大会決勝戦の平壌開催権を剥奪

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.23 13:30
0
アジアサッカー連盟(AFC)が北朝鮮平壌(ピョンヤン)で開催する予定だったAFCカップ決勝戦を別の場所で開催することにした。ワールドカップ(W杯)予選のホーム試合を無観客で実施した北朝鮮のあきれる態度に対する懲戒と分析される。

AFCは22日、「来月2日に平壌で開催する予定だった4・25体育団(北朝鮮)とアル・アヘド(レバノン)の2019AFCカップ決勝戦の試合場所を中国上海に変更する。両チームの関係者にもこの事実を通知した」と明らかにした。

AFCカップはアジアチャンピオンズリーグの2部格に該当するアジアクラブサッカー対抗戦。チャンピオンズリーグ出場権がない国のためにAFCが運営するカップ大会だ。今年の決勝戦は来月2日に平壌の金日成(キム・イルソン)競技場で一発勝負で開催される予定だった。

AFCが決勝戦まで10日も残っていない状況で場所を突然変更したのは、同じ場所で行われた2022カタールW杯アジア2次予選の南北試合の影響と解釈される。当時、北朝鮮は韓国の取材陣と応援団、中継陣の北朝鮮訪問を受け入れず、生中継も拒否した。

さらに特別な理由もなくホーム観客まで入れず「無観客試合」にした。1990年南北統一サッカー大会以来29年ぶりに実現した平壌での南北対戦は、世界を嘲弄するような「閉鎖試合」で終わった。試合後、大韓サッカー協会は韓国代表が現地で経験した状況についてAFCに抗議書簡を発送し、制裁の可能性まで提起されている状況だ。

AFCはカップ大会決勝戦の開催場所を変更した理由について「商業、放送、メディア、アクセス、輸送計画などの事項に影響を及ぼすさまざまな問題について考慮した結果、中立国で決勝戦を行うのがよいと判断した」と説明した。続いて「現在北朝鮮に適用されている制裁のため放送に関連して困難があるという商業権利パートナーの問題提起もあった」と伝えた。

直接的には話さなかったが、AFCが試合場所変更の理由に挙げた項目はすべて平壌南北対戦当時に韓国側が問題提起した要素だった。AFCは「我々のビジョンと役割のうち最も重要な部分はサッカーの発展と広報を促進し、アジア大陸の内外でサッカーに接することができるようにすることだ」と明らかにし、北朝鮮側の態度の変化を間接的に促した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>南北試合に驚いたAFC、カップ大会決勝戦の平壌開催権を剥奪

    2019.10.23 13:30
    뉴스 메뉴 보기
    平壌での南北試合前の両チーム主将。観客席には人がいない。[写真 大韓サッカー協会]
    TOP