주요 기사 바로가기

【コラム】 2019年に私たちの心が痛い=韓国(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.23 11:47
0
◆精神も筋肉のようにストレッチングが可能

筋肉が収縮すれば体が痛いように、意識が萎縮すれば心が痛いものだ。収縮した筋肉を拡張させるために筋肉のストレッチングをするように、萎縮した意識を拡張させるために簡単なメンタルのストレッチングも必要だ。

まず、本を読むべきだ。本を読む人が幸せだ。幸せだから本を読むのか、本を読むから幸せなのかはさらに考える必要があるが、少なくとも幸せな人々の特徴の中の一つは本をたくさん読むという事実だ。広場に出て自身の信念を叫ぶのも必要だが、図書館の隅の狭い机に座って読書をするのも必要だ。読書とは、意識の地平を広げる作業で、自身の世界を拡張させる最高の手段だ。2つ目に、音楽を聴くべきだ。時々でも音楽に心酔する経験が必要だ。ある研究によると、音楽の楽しさに陥る経験をした人々であるほど、血液の中の炎症数値が低いことが分かった。芸術的経験に心酔する経験は世の中に心が開かれる信号だ。

3つ目、文字通りにストレッチングが必要だ。走って歩いて汗をかくのだ。身体の拡張は意識の拡張につながるものだ。最後に、希望を捨ててはならない。希望とは可能性の拡張だ。私たちにはまだ2019年の冬が残っている。不信と分裂によって萎縮した意識を拡張させるために積極的な攻勢を取るべきだ。私たちの中に存在する信頼と包容のDNAを信じてほしい。逆転はいつでも可能だから。

チェ・インチョル/ソウル大学心理学科教授 【コラム】 2019年に私たちの心が痛い=韓国(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP