주요 기사 바로가기

1兆5000億ウォンのアシアナ航空だれの手に…買収競争

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.23 11:14
0
1/2
アシアナ航空売却に向けた本入札が来月7日に行われる。入札結果により韓国の航空産業も大きな変化を迎えるものとみられる。[写真 アシアナ航空]
アシアナ航空売却に向けた本入札が半月先に迫った。来月7日に実施される入札結果により韓国の航空産業も大きな変化を迎えるものとみられる。最近の格安航空会社(LCC)の業績悪化に加え、航空業界の長期不況の見通しまで出ており、アシアナ航空売却の雰囲気も微妙に変化する様相だ。

まずアシアナ航空売却そのものだけみると2強構造が深まっている。早くからアシアナ航空買収に意欲を見せていた愛敬(エギョン)グループは21日にストーンブリッジキャピタルとコンソーシアムを構成した。これまで愛敬グループは財務的投資を決定できていなかったが、本入札を半月後に控えコンソーシアムを構成して本入札に出る意向を示したのだ。愛敬グループ関係者は「アシアナ航空買収を通じて韓国の航空産業に対する根本的な体質改善の機会を設けたい」と話した。愛敬グループは資産査定調査過程で相対的にリードしていると評価されたHDC現代産業開発と未来アセットによるコンソーシアムとともに2強構造を形成した。これと違い財務的投資家として買収戦に参加したKCGIとバンカーストリートのコンソーシアムは戦略的投資家を決定できていない状況だ。予備入札に参加したファンドのKCGIは最終入札に参加しない可能性が大きいとの見通しが市場から出ている。

韓国の航空産業全般に視野を広げると、アシアナ航空売却により韓国の航空産業再編は避けられないだろうという見通しが多い。まず航空産業不況で格安航空(LCC)の赤字幅が拡大している。愛敬グループが所有するチェジュ航空は4-6月期に274億ウォンの赤字を出した。チェジュ航空は7-9月期も赤字を出すだろうという見通しが出ている。ハナ金融投資のパク・ソンボン研究員は「チェジュ航空の7-9月期の売上高は前年同期より1.1%減った3463億ウォンで145億ウォンの赤字を記録するだろう」と予想した。韓日関係悪化で日本行き利用客が減り直撃弾を受けたのだ。こうした理由から愛敬グループがアシアナ航空買収に積極的に出るだろうという見通しもある。財界関係者は「LCC競争過熱などで愛敬がチェジュ航空だけでは韓国の航空産業で勝算がないと判断しアシアナ航空買収に積極的に出るだろう」と話した。

チェジュ航空だけではない。ジンエアーとティーウェイ航空も4-6月期にそれぞれ266億ウォンと258億ウォンの赤字を出した。未上場のイースター航空も200億ウォンを超える赤字を出したという。問題は10-12月期も見通しが明るくないというところにある。韓国投資証券はチェジュ航空とジンエアー、ティーウェイ航空などLCCの大部分が10-12月期に赤字を記録すると予想した。

イースター航空が売りに出されたという報道まで続き、アシアナ航空売却を契機にLCC産業の再編が本格化するだろうという観測も多い。イースター航空は「売却は事実無根」という立場を出したが、売却説の波紋は航空業界全体に広がっている。可能性が大きいシナリオは、アシアナ航空が所有するLCCのエアソウルとエアプサンの売却だ。産業銀行の李東杰(イ・ドンゴル)会長は21日の国会国政監査で、アシアナ航空の分離売却の可能性について「難しい」という立場を明らかにしたが、アシアナ航空売却後のLCC再売却の可能性は開いている。アシアナ航空売却がLCC再編を促進する触媒として作用する可能性があるという話だ。サムスン証券のキム・ヨンホ研究員は「新規企業が参入するなどLCC市場では過剰供給が懸念される状況。競争激化にともなう業界全般にわたる収益性悪化とこれに伴う市場再編の可能性を排除することはできない」と話した。

航空業界では熊津(ウンジン)コーウェイ本入札に参加したネットマーブルのようなダークホースが登場する可能性も念頭に置いている。SKなど大企業の買収戦参加の動きはこれまではないが、可能性はいくらでもある。債権団が予備入札に参加しなくても本入札に参加できるようにドアを開けているからだ。アシアナ航空買収価格は市場予測より少し下がった。産業銀行など債権団はアシアナ新株買収価格を最小8000億ウォンと指定した。ここに経営権プレミアムが加わる場合1兆5000億ウォン水準で売却価格が決まる可能性が大きい。これは市場で予想した1兆5000億ウォン~2兆ウォンより少し低い。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP