주요 기사 바로가기

「作家」宣銅烈氏、成功談でなく失敗談を伝える

ⓒ 中央日報日本語版2019.10.22 15:03
0
宣銅烈(ソン・ドンヨル)氏が自身の野球人生と哲学を反映した野球経営書を執筆した。22日、ソウルのザ・プラザホテルでは出版記念記者懇談会が開かれた。宣銅烈氏は執筆のきっかけを伝えた。「自分の野球の価値観と胸中の話を表現してほしいという話があった。ためらった。もっと年齢を重ねてからするのがよいと思った。しかし挫折と失敗を踏んで立ち上がった体験談をこの時代に生きる青年たちに伝えたく、応じることになった」。

成功よりは失敗と挫折、反省と省察を書いている。国内リーグで最高の投手と評価された宣銅烈は日本に進出したが、最初のシーズンは振るわなかった。3軍まで落ちた。しかし翌年には中日の抑え投手となった。かつて自身に付けられた「国宝」という修飾語を否定して現実を直視した。自分に恥ずかしくないボールを投げるという決心をした。当時の星野仙一監督の助けも受けた。

指導者としても紆余曲折があった。サムスン監督時代にはチームを優勝を導いたが、古巣の起亜では振るわなかった。韓国代表監督になった後には代表選手選抜問題で国政監査に立つことになった。この時期についても「メディア、選手たちと十分に意思疎通できなかった自分の責任」と振り返った。

メディアで伝えられていない話もある。幼い頃に亡くなった兄のことだ。宣氏は「先に野球をした兄のおかげでグローブとバットに馴染んだ。一人または一緒に野球をしながら楽しさを感じた」とし、伝説が始まった第一歩を説明した。最高の選手を目標にした原動力も家族だ。宣氏は「兄は私が小学6年だった1975年に白血病で亡くなった。遺言とは言えないが、『お前が自分の代わりに野球をするので最高の選手になってほしい』という言葉を残した。最高の選手になれるかは分からなかったが、兄に恥ずかしくない姿を見せたかった」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「作家」宣銅烈氏、成功談でなく失敗談を伝える

    2019.10.22 15:03
    뉴스 메뉴 보기
    宣銅烈氏
    TOP