주요 기사 바로가기

【コラム】「シャワー室歌唱力」を信じない大統領

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.22 11:47
0
最近接した国際ニュースのうち圧巻はトランプ大統領の「クルド」発言だった。トランプ大統領はテロ団体IS制圧に最も貢献したシリアのクルド族に突然、背を向けた。支援にお金がかかるという理由だ。そしてこれを非難するメディアに「クルドもノルマンディで我々を助けなかった」と語った。75年前の第2次世界大戦のノルマンディ上陸作戦まで持ち出すトランプ大統領の奇異な発想と無知にはあきれる。

それだけではない。トランプ大統領は来年6月に米国が開催する予定のG7首脳会議をフロリダの個人所有のゴルフリゾートですると述べた。6月は客室予約率が40%にもならないオフシーズン。大統領の職位を利用して利益を得ようとしているという非難を浴びると、トランプ大統領は先週末、計画を撤回しながら「敵対的メディアと彼らのパートナーの民主党は狂っている」と語った。

恥も知らない。事理分別力もない。他国の大統領を自分の手下のように扱い、欠礼も気にしない。「私は米国の大統領だ」という態度だ。そして自分に不利なことは無条件に「それはフェイクニュースだ」と叫ぶ。このため1776年以降に選出された44人の歴代大統領のうち最低の評価を受ける。米政治学会の調査の結果だ。100点満点でわずか12.34点。そうだ、1位の部門もある。ゴルフの実力だ。にもかかわらず40%ほどの支持率を維持しているのは、米国国民がろうそくを持ってホワイトハウスの前に集まらないのは▼強い経済▼弱い野党▲FOXニュースの3セットのおかげだ。

隣国の日本の安倍首相も変わらない。来月20日、安倍首相は在任期間2886日で歴代最長寿首相となる。名実ともに「安倍1強体制」だ。しかし政敵を撃つ手腕やトランプ大統領の歓心を買う緻密さはあるとしても、指導者としての資質には疑問符がつく。

北朝鮮を訪問して植民統治について謝罪し、日本人拉致問題の謝罪を受けた小泉元首相のような度量も、「中国が要求するたびに謝罪しよう。お金がかかることでもなく、後に中国がおのずと疲れて謝罪を要求しなくなるはず」として大胆に歴史問題を払拭した竹下元首相の鋭い洞察力も安倍首相には見られない。ただ、目の前の自尊心、頑なで極端な民族主義の理念が先立つだけだ。

韓国との外交葛藤に経済報復を突きつけた日本の首相は安倍首相が初めてだ。隣国の友邦の韓国を嫌韓レベルでなくおかしな国にした。22日に韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相が訪日して安倍首相に会うというが、外交的な握手と微笑み、他国の首脳より5分ほど長いもてなし程度だろう。野党も圧力を加えず、世論も味方で、財界もいかなる声も出さないのに、貿易規制措置を「先に解除」する度量を安倍首相に期待するのは無理だろう。計算ばかりするトランプ大統領も偏狭な安倍首相も五十歩百歩だ。米国国民も日本国民も本当に「指導者の運」がない。しかし「愛」すれば似ていくという。安倍首相もトランプ大統領のように▼強い経済▼弱い野党▼穏やかなメディアという『3セットの運」を持って生まれたのだからやむを得ない。

そして韓国。国を揺るがすことでもない件で66日間も国を真っ二つに分裂させた指導者は今までいなかった。むしろ李明博(イ・ミョンバク)元大統領のBSE(牛海綿状脳症)デモや朴槿恵(パク・クネ)前大統領の弾劾賛否デモ当時は論争でもあった。多くの特恵を受けながら自身は被害者コスプレをするチョ・グク法務長官ファミリーの両面性は捜査の対象であり、国論を分裂させる争点の対象が最初から違った。チョ・グク長官は検察改革の火付け役でなく、国家不信の発火点だった。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領はチョ・グク長官の辞任後、「(国民が)公正の価値、メディアの役割について改めて深く考える貴重な機会になった」と述べた。果たしてそうだろうか。むしろ多くの国民は66日間の混沌を経験しながら真の大統領の価値、大統領の役割について改めて深く考える貴重な機会になったと考えるのではないだろうか。

偉大な政治の巨匠がなつかしい時代だ。米国も、日本も、韓国も同じだ。不協和音を和音に昇華させるヴィルトゥオーソ (巨匠)までは望まない。シャワー室で歌えばうまく感じられるのは歌唱力のためではない。ふさがった空間で響くエコー効果のためだが、それが実際よりもうまく聞こえさせるということだ。歌唱力が落ちるほどその差が大きいという。それを知る程度の指導者ならよいのだが、それさえも探すのが難しいのは本当に不運の時代だ。

金玄基(キム・ヒョンギ)/国際外交安保エディター

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】「シャワー室歌唱力」を信じない大統領

    2019.10.22 11:47
    뉴스 메뉴 보기
    トランプ大統領、文在寅大統領、安倍首相
    TOP