주요 기사 바로가기

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』、新しい韓流の兆し

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2019.10.22 11:17
0
映画『82年生まれ、キム・ジヨン』(キム・ドヨン監督)がアジアで人気を得る兆しを見せている。今月23日公開される『82年生まれ、キム・ジヨン』は日本・中国など17カ国に販売されて大きな呼応を得た同名の小説を原作にしている。小説の話がスクリーンに映されて原作がもう一度アジア各国でベストセラーの仲間入りを果たした。このような関心を映画につなげるものと見られる。

『82年生まれ、キム・ジヨン』は1982年に生まれて2019年の今日を生きているキム・ジヨン(チョン・ユミ扮)の誰も分からなかった話を描いた映画だ。韓国でフェミニズム運動のシンボルのような原作を映画に再誕生させた。今年9月に出版された中国語版小説『82年生まれ、キム・ジヨン』は16日を基準に中国最大規模のオンライン書店「ダンダン」でベストセラー小説部門1位にのぼった。中国だけで重刷まで合わせて6万5000部が発刊された。すでに日本では一度「K文学」の熱風を巻き起こした。日本で最もはやくベストセラーにのぼった韓国小説であり、昨年12月から現在まで14万部以上出版された。日本では演劇として作られたりもした。中国と日本だけでなく東南アジア諸国でも注目が集まっている。

『82年生まれ、キム・ジヨン』が描いたキム・ジヨンのストーリーが韓国と似たような社会の雰囲気をもつアジア全域の普遍的な共感を得ている。原作を呼んだ中国の読者らは「東アジアで生きていっているほぼすべての女性はキム・ジヨンから自身を見るだろう」と評価している。

これを踏まえて映画『82年生まれ、キム・ジヨン』は韓流スターの力まで発揮されるものと見られる。俳優コン・ユが2016年tvNドラマ『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』以来3年ぶりに披露する作品だ。日本をはじめ、韓流が届く国のメディアはコン・ユの出演作として『82年生まれ、キム・ジヨン』を報じている。コン・ユだけでなく女優チョン・ユミまで世界市場を席巻した映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』の2人の俳優・女優が共演したという事実だけでも製作段階から注目された。

最近K-POPだけでなくKムービーの人気が高まるにつれ、韓国でヒットするかどうかがアジアのヒットにつながる。『82年生まれ、キム・ジヨン』は公開2日前である21日午後を基準に40%に近い先行予約率を記録した。『マレフィセント2』や『ジョーカー』などヒットした洋画をすべて抜いた。また、この映画の製作すら反対していた一部の声が大きかったとすれば、公開が近づいてフェミニズムと反フェミニズムの両極端的な論争でない討論の様相に変化している。ヒットに肯定的な影響を及ぼす信号だ。

『82年生まれ、キム・ジヨン』の投資配給会社であるロッテエンターテインメント側は「台湾、香港、日本など37カ国にすでに販売された。カンヌマーケットなどで海外バイヤーの多くの関心を集めた結果」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』、新しい韓流の兆し

    2019.10.22 11:17
    뉴스 메뉴 보기
    女優チョン・ユミ、キム・ドヨン監督、俳優コン・ユ
    TOP