주요 기사 바로가기

韓国与党議員「BTSメンバー、今年入隊か…大衆芸術人に兵役特例を」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.22 10:01
0
国会文化体育観光委員長を務める共に民主党のアン・ミンソク議員が純粋芸術家に与える兵役特例を大衆芸術人に与えないのは時代に合わないと指摘した。

アン議員は21日、国会の文化体育観光委員会の文化体育観光部と所属機関に対する国政監査で「BTS(防弾少年団)メンバーの中で1人が今年入隊するようだ」とし「大衆芸術人には兵役特例を与えないと決定されたようだ」と話した。

引き続き「純粋芸術家は国際大会2位になれば、兵役特例を与える」として「これは70年代に作られた制度で、その時までは純粋芸術と大衆芸術の領域が明確に区分されていたが、今は純粋と大衆芸術の壁が崩れて純粋芸術には兵役特例を与えて大衆芸術は与えないのは時代的に合わないことだ」と指摘した。

これを受け、パク・ヤンウ文体部長官は「実際、BTSの前にも大衆芸術人にも兵役特例を与えるのが良いのではないかとの意見が多くあり、長い間論議をしてきた」とし、「だが、兵務庁や国防部はできれば兵役特例を減らして内容も変えたいという立場で、われわれ(文教体育部)はできればさらに増やして文化体育側の人材をさらに確保して活動させたいという立場」と答えた。

パク長官は「体育やクラシック芸術側は明確な国際・国内大会があるが、大衆芸術側はそれが足りず基準を設定するのが簡単でないという話があった」として「大衆芸術界と数回にわたって懇談会を行ってみたら、兵役特例を与えるのが難しければ実質的に軍隊に行っていない状態で海外公演に出る時配慮すれば良いという要求があり、兵務庁・国防部とそのような側面で支援する方針を議論してきた」と説明した。

アン議員は「国威宣揚の次元で見ると、オリンピックの金メダルのようなビルボードチャート1位が国威宣揚に寄与したと国民の多数が理解しているはずだが、納得できなくてお尋ねした」と話した。

一方、BTSの所属事務所Big Hitエンターテインメントはこの日、メンバーの軍入隊説を否認した。所属事務所側は「BTSメンバーの中で1人が今年入隊するというのは事実無根」とし「なぜそのような話が出たのか分からない」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国与党議員「BTSメンバー、今年入隊か…大衆芸術人に兵役特例を」

    2019.10.22 10:01
    뉴스 메뉴 보기
    防弾少年団[写真 Big Hitエンターテインメント]
    TOP