주요 기사 바로가기

李洛淵首相のきょう訪日を控えて…趙世暎外交第1次官、非公開で東京訪問

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.22 07:01
0
李洛淵(イ・ナギョン)首相が徳仁天皇の即位式に出席するために22~24日、日本を訪れることに先立って趙世暎(チョ・セヨン)外交部第1次官とキム・ジョンファン・アジア太平洋局長が20日、東京を非公開で訪問した。

外交筋は21日「趙次官とキム局長が20日、東京で日本外務省の要人などに会ってきたと承知している」と中央日報に話した。韓日関係の「変曲点」になり得る李首相の訪日を控えて韓国政府が強制徴用判決、輸出規制、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の終了決定など両国の懸案について、いわば「折衷案」を日本に提示したのではないかという見方がある。康京和(カン・ギョンファ)外交部長官はこの日、国会で「真剣な協議だったと報告を受けた」と明らかにした。

これに先立ち、李首相は外信とのインタビューで訪日の際、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の「親書」を持って行くと明らかにした。李首相は24日午前、安倍晋三首相と会談を行うが、その席で文大統領のメッセージが安倍首相に伝えられるものと見られる。これを受け、安倍首相の意中を事前に把握するという次元で趙次官一行が訪日しただろうという解釈だ。それでも最悪に達している韓日関係が李首相と安倍首相の会談で簡単に解決されるだろうという見方は多くない。

一方、22日には徳仁天皇の公式即位式が開かれる。126人目の天皇だ。徳仁天皇は5月1日、父の明仁上皇から王位を受け継いで先月安倍政権の改閣を認める国事行為も始めた。新しい年号である「令和」はすでに日本人の日常に定着している。それでも別に即位式を行うのは日本王室の伝統のためだ。平安時代から新しい天皇が即位すると、継承儀式と即位公布儀式を執り行った。即位式には李洛淵首相、中国の王岐山国家副主席、英国のチャールズ皇太子など174カ国・地域・機構の代表者が祝賀使節として参加する。日本でも三権の長(内閣総理大臣、衆・参議院議長、最高裁判所長官)をはじめとして2000人余りが参加する。

午後3時30分から開かれる予定だった祝賀パレードは台風19号の被害を考慮して来月10日に延期された。トヨタが製作したパレード車両は日本王室車両である「センチュリー」のオープンカーで、価格が8000万円程度だと伝えられた。

朝日新聞は「日本政府要人が天皇を仰ぎ見る形で万歳三唱することなどから、憲法が定める国民主権、政教分離の原則に反するという指摘」もあり、「宗教色が強いものを国費で賄うことが適当かどうか」と21日、伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP