주요 기사 바로가기

韓国経済副首相「李洛淵首相-安倍首相の会談、重要なモメンタムにも」

ⓒ 中央日報日本語版2019.10.21 14:00
0
洪楠基(ホン・ナムギ)副首相兼企画財政部長官が19日(現地時間)、韓国に対する日本の輸出規制措置で触発した韓日間の葛藤に関連し、李洛淵(イ・ナギョン)首相と安倍晋三首相の面談が事態の解決に向けた重要なきっかけになる可能性があると明らかにした。

経済関連の国際会議などに出席するため米国を訪問中の洪副首相はこの日、ワシントン付近のレストランで特派員懇談会を開き、このように述べた。

洪副首相は「李首相が天皇即位式をきっかけに安倍首相と会うことが重要なモメンタムになる可能性があり、来月の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了時限のモメンタム、年を越さなければよいという時限など、この3つが重要なモメンタムとなり、韓日間で年内にこの問題が終わって不確実性が整理されるべきだと考えている」と話した。

洪副首相は「対話による解決のために政府も努力している」とし「外交部、産業部など政府レベルで日本と水面下の接触がある」と紹介した。続いて「WTO(世界貿易機関)提訴に基づくパネル設置前に慣例上、両当事者が一度会うが、今回はもう一度会う」とし「私が申し上げにくいこともある」と伝えた。

洪副首相は「実務接触には限界がある」とし「これは決断、解決策が必要な問題であり、李首相の訪日が議論進展の重要なきっかけになるのではないかと思う」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国経済副首相「李洛淵首相-安倍首相の会談、重要なモメンタムにも」

    2019.10.21 14:00
    뉴스 메뉴 보기
    洪楠基(ホン・ナムギ)副首相兼企画財政部長官
    TOP