주요 기사 바로가기

BIGBANGのG-DRAGON、26日除隊…今後の歩みに関心

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.21 08:09
0
グループBIGBANGのメンバー、G-DRAGONが今月26日に除隊する。

G-DRAGONは昨年2月27日、現役として入隊して江原道鉄原(カンウォンド・チョルウォン)陸軍第3師団白骨(ペクゴル)部隊の砲兵連隊で服務した。彼は昨年から適用された軍服務期間の短縮により当初21カ月より早く満期除隊することになった。

G-DRAGONは軍服務中に頻繁な病気休暇と休暇を得て論議を呼んだことがある。昨年5月、民間病院で足首の手術を受けた後、国軍病院1人部屋に入院した事実が知らされて優遇という論議に巻き込まれただけでなく、頻繁な病気休暇と休暇で俎上にあがった。

また、今年3月現役服務の非適合審議を通じて除隊の可能性も提起されたが、審議で適合判定を受けて服務期間を満たすことになった。

現在、BIGBANGの他のメンバーであるSOLとD-LITEが軍服務中なのでG-DRAGONは当分ソロで活動するものと見られる。ただし、2人のメンバーが除隊するといってもBIGBANGとしてともに活動することができるかどうかは未知数だ。

G-DRAGONが軍服務する間、BIGBANGメンバーV.Iと所属事務所YGエンターテインメントは今年初めから数カ月間駅三洞(ヨクサムドン)のクラブ「バーニング・サン」をめぐる麻薬、売春斡旋、横領などの疑いで社会的な物議をかもして非難を浴びた。V.Iは3月芸能界引退を発表してYGとの契約を終了した。

また、YGエンターテインメントのヤン・ヒョンソク代表プロデューサーも6月すべての職責から退き、海外遠征賭博の疑いなどで捜査を受けている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    BIGBANGのG-DRAGON、26日除隊…今後の歩みに関心

    2019.10.21 08:09
    뉴스 메뉴 보기
    BIGBANGのG-DRAGON
    TOP