주요 기사 바로가기

【コラム】チョ・グクが私たちに残した教訓=韓国(1)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2019.10.20 12:11
0
いくら悪いことでも学ぶものはある。この2~3カ月間に日常の話題まで占領したチョ・グク前法務部長官の時間は「悪夢」のようなものだったが、一方では私たちが記憶しておくべき教訓もゴマ粒のように残した。これからは教訓を取りまとめることで私たちの悪かった時間の補償を受ける番だ。

最初の教訓に挙げたいのは、私たちが新しい「権力型不正腐敗」の可能性を発見したという点だ。資本市場を活用するファミリービジネス形態の「創意的」方法だ。チョ氏一家の私募ファンド疑惑は「ファンド→迂回上場投資→作銭→食い逃げ」という質の悪い企業ハンターがよく使う「悪のゲーム」を連想させる。小口投資家だけ奪われて終わるゲーム。だが「自己責任の下で投資」という資本市場の原理上、奪われても訴えるところがない。もちろんその家族ファンドの利益実現の有無はわからないし、作銭に権力を活用する意図があったのかもわからない。ただ方法論的に権力者の後光効果だけでも実績を膨らませることができる「作銭」の可能性と、これを通じた秘密資金蓄積の危険性を悟らせたということだ。

韓国人は「権力型不正腐敗」に敏感だ。在任時になんでもできた朴槿恵(パク・クネ)前大統領の弾劾もこのためだ。朴前大統領は私的ビジネスと国家予算事業を連係して国庫に手をつけ、企業家を集めてタコ足式募金を集めた。こうした募金方式は軍人出身大統領時代に見られた権力型腐敗の古典的形態だった。文民政府時代には「クラブビジネス」形態で、大統領の息子や兄など家族とその知人など仲間同士で取引する慣行ができた。そこで権力者周辺の家族と知人監視にだれもがアンテナを立てた。ところが朴前大統領が復古風に回帰し国中が驚いたのだ。朴前大統領は在任期間中に無能さで叱責を受けたが、金銭的不正でなかったなら私たちは赤いじゅうたんが敷かれた離任式場で手を振って見送っただろうし、そうしたかった。そのうち今回の機会に権力型不正には「募金」と「クラブビジネス」を超え「ファミリービジネス」という第3の道もあることを知ることになり、私たちはその履行過程を遮断する底力を見せた。

2番目は公正性に対する問題提起と議論が公開的に進められる環境を用意したという点だ。チョ前長官の子どもをめぐる入試スペック疑惑がそういうものだ。私たちが驚いたのはチョ前長官の娘が受けたという東洋(トンヤン)大学総長賞の偽造の有無よりボランティア数時間で総長賞というスペックを得たその特別さだ。これを通じ私たちはすでに底辺では沸き立っていたが噴出しなかった入試スペックの不公正さに対する根本的な問題を提起できた。 【コラム】チョ・グクが私たちに残した教訓=韓国(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】チョ・グクが私たちに残した教訓=韓国(1)

    2019.10.20 12:11
    뉴스 메뉴 보기
    ヤン・ソンヒ論説委員
    TOP