주요 기사 바로가기

独研究チーム「脱北青少年、韓国青少年より多くPTSD・うつ病経験」

ⓒ 中央日報日本語版2019.10.18 16:01
0
脱北青少年が韓国の青少年に比べ、心的外傷後ストレス障害(PTSD)やうつ病などの精神的問題をより経験している可能性があるという、ドイツの研究チームの研究結果が出た。

ドイツのコンスタンツ大学・ビーレフェルト大学の研究チームは16日(現地時間)に公開した論文『脱北青少年の家庭・集団暴力露出、それに関連する精神的健康と韓国青少年との比較』でこのように主張した。

研究者は「脱北青少年の標本で暴力とトラウマにさらされた割合がより高く、精神的健康問題の水準もより深刻なことが分かった」と述べた。研究者は脱北青少年62名、韓国の青少年65人を対象にグループインタビュー調査を行った。PTSDやうつ病の程度を調べることができる調査も行われた。

調査の結果、PTSDやうつ病の重度を示す指標の検査で脱北青少年が韓国の若者よりすべて高いスコアを記録した。PTSDと憂うつ感に影響を与えた最大の要因は、事故・暴行などに遭ったり、近しい人の死を目撃したりするなど「トラウマ的事件」と家庭内暴力だった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP