주요 기사 바로가기

文大統領「コンクリート支持率」40%台崩れた…就任後最低の39%

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.18 14:00
0
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の国政遂行支持率が韓国ギャラップの調査で就任後初めて30%台に落ちた。「コンクリート支持層」と呼ばれるほど盤石だった40%台支持ラインがチョ・グク事態を経て崩壊した結果だ。

世論調査機関の韓国ギャラップが今月15~17日に全国成人1004人を対象に調査を実施して18日に発表した10月第3週の世論調査結果によると、文大統領の国政遂行に対して「うまくやっている」との回答は39%だった。「間違っている」という回答は53%だった。

文大統領の国政支持率は先週比4%ポイント落ち、否定評価は2%ポイント上昇した。肯定評価と否定評価の格差は14%ポイントに広がった。支持政党別に見ると、共に民主党支持層の81%、正義党支持層の66%が肯定評価をした反面、自由韓国党支持層の96%、正しい未来党支持層の85%が大統領職務の遂行を否定的に評価した。無党派層でも否定評価が60%で、肯定評価(19%)に比べて41%ポイント高く現れ、中道層の離脱が明確に現れた形となった。

肯定評価者は「検察改革」(15%)、「全般的にうまくやっている」「外交をうまくやっている」(以上11%)などを肯定評価理由に挙げた。反面、否定評価者は「経済・民生問題解決不足」(25%) 「人事問題」(17%)を理由に否定的評価を下した。特に、韓国ギャラップの調査では、この1カ月で人事問題より経済・民生問題が否定評価の理由1位になって、チョ・グク事態以降、国民的な関心が経済問題に移っているという分析だ。

世論調査の結果に関連し、青瓦台核心関係者は記者団に対して「支持率が各世論調査機関によって、出てくるたびに違うこともあれば同じ流れのときもあって千差万別だ。国民の声は当然参考にして綿密に分析しているが、毎回申し上げているように一喜一憂しない」と話した。

韓国ギャラップの調査で民主党と韓国党の間の支持率の差は10%ポイント以内に縮まった。与党である民主党の支持率は先週比1%ポイント下落した36%を記録した。韓国党の支持率は先週と同じ27%だった。2党の差は9%ポイントとなった。正しい未来党は先週比2%ポイント上昇した7%、正義党は6%だった。無党派層は23%だった。民主党と文大統領の支持率が同時に下落したことに続き、大統領・民主党の支持率格差(3%ポイント)が先週(6%ポイント)と比較して縮まったことを受け、大統領支持率が与党支持率につながる牽引効果も期待するのが難しくなったという解釈が出ている。

14日のチョ・グク法務部前長官の辞任については「評価する」が64%だった。反面、「評価しない」は26%だった。

民主党支持層と大統領職務遂行の肯定評価者を除くほとんどの回答層でチョ前長官の辞任を「評価する」とする見方が優勢だった。チョ前長官の辞任を肯定的に見た回答者は「道徳性不足・便法・不正が多い」(23%)、「国論分裂・国混乱」(17%)などをその理由に挙げた反面、否定評価者は「検察改革が完遂できない」(30%)、「世論集め・世論の犠牲になった」(14%)と評価した。

(※詳しい調査の概要と結果は中央選挙世論調査審議委員会ホームページを参照)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    文大統領「コンクリート支持率」40%台崩れた…就任後最低の39%

    2019.10.18 14:00
    뉴스 메뉴 보기
    文大統領
    TOP