주요 기사 바로가기

東京都知事、五輪マラソン札幌開催案に「北方領土でやったら」反発

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.18 08:57
0
国際オリンピック委員会(IOC)が2020年東京オリンピック(五輪)のマラソン競技を札幌で開催する案を検討中であることが伝えられ、東京都知事が反発した。

17日の共同通信、NHKなどによると、小池百合子東京都知事はこの日、連合東京の会合に出席し、「IOCから通達のような形で受けた。まさに青天の霹靂だ。よほど緯度の高い涼しいところというなら、北方領土でやったらどうか」と述べた。ロシアと日本が領土紛争中のクリル4島で競技をするという意味で、IOC案に露骨に不快感を表したのだ。ロシアが実効支配中であるクリル4島について日本は領有権を主張しながら返還を要求している。

小池知事は「安倍晋三首相と森喜朗オリンピック組織委員長がロシアのプーチン大統領と親しいので、平和の祭典を北方領土でどうだと呼びかけてみるのはありだと思う」と皮肉った。

小池知事のこの日の発言は、ロシアに不快感を抱かせたくない日本政府の反発を招くと予想される。小池知事は「競技場を突然北側の札幌に変更しようという案が出てきたので、一案として(北方領土開催案を)申し上げた」と述べた。

IOCは16日、東京オリンピックの猛暑対策レベルでマラソンと競歩の開催場所を東京より気温が5、6度低い札幌に変更する案を検討中だと明らかにした。札幌は歓迎の意を表した。秋元克広札幌市長はこの日午前、「IOCから札幌という具体的な名前が出て驚いた。光栄に思う」とし「東京2020大会の成功に最大限協力したい」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP