주요 기사 바로가기

韓国外交部「安倍氏の靖国神社供物奉納…深い遺憾」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.17 14:33
0
A級戦犯が合祀された靖国神社の秋の例大祭にあわせて安倍晋三首相が供物を奉納したことに対して、韓国政府が「深い遺憾」を表した。

17日、韓国政府は外交部報道官の論評を通じて「日本の侵略戦争の歴史を美化している靖国神社に日本政府および議会の指導者が再び供物を奉納して参拝を強行したことに対して深い遺憾を表す」と明らかにした。

続いて「日本の責任ある指導者が過去の歴史に対する謙虚な省察と反省を行動で示すときだけが未来志向の韓日関係発展に寄与し、周辺国と国際社会の信頼を得ることができるという点を改めて指摘する」と付け加えた。

この日、安倍首相は靖国神社に真榊と呼ばれる供物を奉納したほか、大島理森衆議院議長や加藤勝信厚生労働相も真榊を奉納した。閣僚である衛藤晟一・沖縄北方担当相はこの日午前、靖国神社を参拝した。

一方、「日本軍国主義の象徴」と呼ばれる靖国神社は東条英機ら第2次世界大戦時の「A級戦犯」14人をはじめ、日本が起こした各種戦争で死亡した軍人や民間人など約246万6000人の位牌が安置されている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP