주요 기사 바로가기

悪夢の平壌…北、X線を置いて韓国選手に「持ち物を書いて提出せよ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.17 12:03
0
2泊3日間の平壌(ピョンヤン)滞留期間についてサッカー代表チームと同行した大韓サッカー協会関係者は「悪夢」という表現を使った。韓国のサッカーファンが連絡の途絶えたサッカー代表チームの選手をを心配する間、選手団も大小の圧迫と脅威に苦しめざるを得なかった。

韓国代表チームは北朝鮮に到着するやいなや北朝鮮のけん制が始まった。平壌の順安(スナン)空港に到着した直後、北朝鮮税関は韓国選手がカバンに持ってきた持ち物を全部手書きで書いて提出させた。

通常、出入国の荷物検査はX線透視期を通じて進めるため問題がある場合、直接カバンを開けて肉眼で確認する手順を踏む。旅行客が持ち込んだ物品を直接書いて提出する場合は珍しい。韓国選手の肉体的、心理的に疲労度を高めるために北朝鮮がわざと進めたと見られることだ。このため、空港を抜け出すだけで3時間近く必要とされた。

インターネット状況も劣悪だった。ワールドカップ・アジアンカップなど国際サッカー連盟(FIFA)とアジアサッカー連盟(AFC)が主管する競技では現場取材記者のために一定水準以上のインターネット環境を提供することが求められるが、北朝鮮はこの規定を守らなかった。サッカー協会職員が確認した結果、金日成(キム・イルソン)主席競技場メディアセンターでインターネットに接続できるコンピュータはただ一台だけだった。それさえも速度が遅すぎて使用不可能な水準だった。

結局韓国側との疎通は宿舎ホテルで主に行われた。サッカー協会関係者は「ホテル側からLAN線を提供してもらい、サッカー代表チームの便りを伝える電子メールを送った」とし「メールを作成するたびに北朝鮮側関係者が後ろに立って内容をいちいち確認した」と話した。選手らは宿舎ホテルに留まる間、事実上監禁生活を余儀なくされた。周辺を散歩することさえ許されなかった。

サッカー協会は今後FIFAを通じて北朝鮮のサッカー協会を提訴する方針を検討する予定だ。選手団長として平壌に行ってきたサッカー協会のチェ・ヨンイル副会長は「まずサッカー協会で会議を行って(提訴に関連した)規定を検討する」とし「長距離移動で皆が疲れている。会議をする必要がある」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    悪夢の平壌…北、X線を置いて韓国選手に「持ち物を書いて提出せよ」

    2019.10.17 12:03
    뉴스 메뉴 보기
    29年ぶりに開かれた平壌男子サッカー南北対決は観覧席を空けたまま行われた。[写真 大韓サッカー協会]
    TOP