주요 기사 바로가기

大韓サッカー協会、取材・応援団の訪朝失敗に対応案を検討

ⓒ 中央日報日本語版2019.10.17 06:42
0
大韓サッカー協会が韓国取材陣と応援団なしに行われた2022年カタールワールドカップ(W杯)2次予選「平壌(ピョンヤン)遠征」競技に関連して異議提議など対応案の検討に入った。

サッカー協会関係者は16日「国際サッカー連盟(FIFA)とアジアサッカー連盟(AFC)は通常的にW杯の予選過程で開催国が遠征チームのメディアとサポータ活動に協力するように定めている」とし「韓国の取材陣と代表チームの公式サポーターズである『赤い悪魔』応援団の訪朝が反故になったため、北朝鮮側に責任を問う部分があるかを確認する予定」と説明した。

しかし、この関係者は「北朝鮮が15日、金日成(キム・イルソン)競技場で開かれたW杯2次予選競技を『無観衆』で行った理由と取材陣および応援団の訪朝不許の背景は選手団が帰国してから確認できるだろう」とし、「選手団の意見をもとに対応の是非を決める」と付け加えた。

協会は選手団を通した真偽把握の手順を経て「規定違反」が確認されれば、FIFAとAFCを通じて異議提議の手続きを踏むものと見られる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP