주요 기사 바로가기

東京の猛暑のため五輪マラソンランナーは午後6時から走る

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.16 15:31
0
東京オリンピック(五輪)が9カ月後に迫り、猛暑対策に関心が集まっている。ニューヨークタイムズ(NYT)は10日、東京オリンピックに対する懸念を伝えた。見出しは「史上最高に暑いオリンピックに東京が緊張している」(オンライン版)、「東京オリンピック予報:暑い、暑い、また暑い」(紙面)だった。

東京五輪は来年7月24日に開幕し、8月9日に閉幕する予定だ。1年のうち東京が最も暑い時期だ。NYタイムズは東京発のこの記事で、過去10年間の東京の8月の平均気温は28度とし、「気候変動による気温上昇で夏季五輪の開催地が苦労している」と指摘した。東京が初めて夏季五輪を開催した1964年当時、東京の8月の平均気温は26.6度だったと伝えながらだ。NYタイムズは「東京オリンピック組織委が数百万ドルを投入してさまざまなアイデアを出している」とし「一部は費用ばかりかかって効果がないという指摘が出ている」と伝えた。夏季五輪の特性上、野外で行われる競技が多いが、アスファルトの路上で熱気が加われば組織委の暑さ対策は意味がなくなると懸念されているのだ。

東京オリンピック組織委員会の高谷正哲スポークスマンはこれに関する中央日報の質問に「NYタイムズの指摘に対する個別のコメントは難しい」としながらも「さまざまなアイデアで暑さ対策を準備するのに最善を尽くしている」と伝えた。

特に懸念される種目がマラソンだ。アスファルト道路の上で42.195キロを走るうえ、気温・湿度も高く、選手の記録はもちろん体力の消耗が心配される。このため組織委側はマラソン競技の開始時間を早朝にした。高谷スポークスマンは「午前6時スタートに確定した」と伝えた。少しでも涼しい時間に競技をするということだ。

64年の東京夏季五輪は今より気温が低かったが、8月ではなく10月に開催された。夏季五輪としては異例だ。オリンピック組織委員会と国際オリンピック委員会(IOC)が協議した結果だ。

来年はなぜそれができないのか。お金が問題だ。NYタイムズは「東京組織委側が10月開催も考慮したが、IOCとの協議の末(7-8月開催を)維持することにした」と伝えた。この背後にはIOCの主要収入源の中継権料を支払う米NBC放送がある。9-10月に予定されたNBAプレーオフなどの中継を逃せないという理由が大きかったと、NYタイムズは説明した。大きなスポーツ行事がない7-8月に五輪を中継することをNBC側が強く希望し、IOCと東京組織委がこれを受け入れて7-8月の開催を決定したということだ。中継権関連交渉に関与してきたディック・パウンドIOC委員は「米国放送業界によって事実上左右される」とNYタイムズに伝えた。

トーマス・バッハIOC委員長はNYタイムズに「主なスポーツ競技が重ならないようにするための措置にすぎない」と説明したが、NYタイムズは「五輪業界をよく知る人たちからは違う言葉が出ている」と伝えた。五輪招致専門コンサルタントのテレンス・バーンズ氏はNYタイムズに「NBCの希望に合わせて(日程も)決められた」とし「IOCの公式立場は違うが、実情はNBCが事実上望むものを得る構造」と説明した。

中東カタールの首都ドーハも2020夏季五輪招致競争をしたが、暑さのため早期にあきらめた。当時、ドーハ招致委員会は「米放送業界のために夏季五輪を9-10月に調整することはできない」と抗議した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP