주요 기사 바로가기

【社説】北朝鮮での閉鎖的サッカー試合が見せた南北関係の現住所

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.16 12:05
0
昨日の夕方、多くの大韓民国の国民はこれまでに一度もなかった経験した。平壌(ピョンヤン)で行われた北朝鮮とのサッカーワールドカップ(W杯)予選の試合状況を「前半20分現在0:0」という「文字中継」で見ることになった。29年ぶりの南北代表サッカー試合のテレビ中継が北朝鮮側の態度で不発に終わったのだ。北朝鮮当局は放送中継要員の訪朝だけでなく、自ら撮影した中継映像のリアルタイム送出も拒否した。理由に関する説明もなかった。

北朝鮮当局が提供することにしたのは、試合の実況が入った動画DVDを選手団の出国前に渡すのがすべてだ。DVDを持った選手団が北京経由で帰国し、画質調整などの作業を終えた後、ようやく韓国のサッカーファンは試合の場面を見ることができる。5G通信網のおかげで個人が高画質でリアルタイム放送ができる時代に、このようなことが生じたのだ。

前代未聞のこうした事態の一次的な責任は言うまでもなく北朝鮮当局にある。北朝鮮側の態度は、「ハノイノーディール」以降から韓半島(朝鮮半島)情勢が自らの戦略通りに進まない状況で、対南非難の程度を高めて無視する行動の延長線にある。しかし国際ルールとスポーツマンシップに基づいて進行されるスポーツ試合にまで政治的な理由で影響を及ぼす北朝鮮の行動は決して正当化されない。

韓国政府の低姿勢も大きな問題だ。政府は北朝鮮当局のあきれる行動に対して直接抗議をしたり、国際サッカー協会(FIFA)またはアジアサッカー連盟(AFC)を通した抗議にも非常に消極的だった。最後まで応援団派遣を実現させるという目標に執着して北朝鮮を怒らせることを自制したのだ。応援団と共に当局者を派遣し、ふさがった南北対話の出口を開こうというのが、政府の最大の関心事だったからだ。南北対話はしなければいけないが、不当な行動に当然すべき抗議さえもまともにできない結果が、こうした情けない事態をもたらした。陸路や直航路の訪朝どころか、応援団・取材陣も受け入れられず、選手団だけで競技場に行って試合をするという状況になった。ただ、大きな不祥事やけがなく試合を終えたのが幸いだ。

文在寅(ムン・ジェイン)政権は北朝鮮との対話であれば、すべてを後回しにして没頭してきた。にもかかわらず、返ってきた結果がこれだ。北朝鮮の反応を気にして低姿勢で一貫してきた韓国政府を見下げているとしか考えにくい。今回の事態は昨年の平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)当時、北朝鮮の高位層が訪韓して南北合同チームを構成した当時とは隔世の感がある。当時、北朝鮮が高まった米国の軍事行動圧力から抜け出して平和攻勢に転換しようとしていた時期と五輪が重なった。甘ければ飲み込んで苦ければ吐き出す北朝鮮の態度が改めて表れたと見ることができる。サッカーの1試合でもこのような行動をとる北朝鮮当局とどうやって五輪を共同開催しようという考えなのだろうか。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP