주요 기사 바로가기

遺伝子オーダーメードがん治療、生存3カ月延ばす…サムスンソウル病院が世界で初めて効果立証

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.16 10:44
0
末期胃がん患者へのオーダーメード型治療の道が開かれた。サムスンソウル病院の研究陣が末期患者の遺伝子を分析し8種類の抗がん新薬を選んで投与したところ生存期間が3カ月増えた事実を確認した。サムスンソウル病院血液腫瘍内科のイ・ジヨン教授、キム・スンテ教授、カン・ウォンギ教授、病理科のキム・ギョンミ教授、消化器内科のイ・ヒョク教授の共同研究チームは転移性(末期)胃がん患者の遺伝子を基に個人に合わせた治療をしたところこうした効果が出たと15日に明らかにした。遺伝子基盤のオーダーメード治療効果を立証したのは世界で初めてだ。

研究チームは2014年3月~2018年7月にサムスンソウル病院、東亜(トンア)大学病院、慶尚(キョンサン)大学病院、昌原(チャンウォン)サムスン病院、嘉泉(カチョン)大学病院、梨花(イファ)女子大学病院の6カ所の病院で1次抗がん治療を終えた末期胃がん患者772人の遺伝子と蛋白質を分析した。彼らは1次抗がん治療に失敗し病状の快復が見られなかったり悪化している患者だ。このうち715人の遺伝子分析に成功し、彼らの遺伝子変移を確認した。RAS、TP53、PIK3CAなどがん関連8種類の遺伝子の変移を確認したが、変移が1個以上確認された患者が105人だった。

彼らに臨床試験中である標的抗がん剤8種類の新薬を選んで投与した。変移が現れた遺伝子に合わせて新薬を使った。たとえばMet遺伝子変移があった患者はサボリチニブを投与する形だ。今回の臨床試験は患者にどの薬が効果があるのかを確認するため数多くの候補薬品を一度にシミュレーションするアンブレラ試験方式だ。米国のがん治療機関であるMDアンダーソンが2008年に導入した。

残りの患者のうち2次抗がん治療が必要だったり治療が可能な317人には既存治療法のまま薬品を投与した。

研究チームはアンブレラ試験方式の患者と既存治療方式の患者の生存期間を比較した。既存方式治療の患者は6.9カ月だった。生存期間順に1列に並べた時に真ん中に当たる患者だ。アンブレラ型臨床試験患者は9.8カ月生存したが、既存治療法の患者より約3カ月長い。病気がこれ以上悪化しなかった無進行生存期間も既存治療法患者が3.8カ月、アンブレラ型が5.7カ月だった。遺伝子分析を総括したキム・ギョンミ教授は「末期胃がん患者のうち若い患者が増え、幼い子どもを持つ親がいるが、こうした患者に3カ月の価値は言葉では言えないほど大きい」と話した。

今回の臨床試験では付随的な効果を発見した。キム教授は「免疫抗がん剤に反応がなかった胃がん患者の一部がアンブレラ型臨床試験後に免疫抗がん剤治療対象基準であるPD-L1蛋白質が現れる割合が増加した。免疫機能を起こす効果を出したとみられる」と話した。

研究を総括したイ・ジヨン教授は「今回の研究は遺伝子、免疫染色、RNAシークエンシングなどさまざまながん表示者(がんを示す表示)を一度に分析してこれを基にオーダーメード治療をした。効果があるという事実を世界で初めて立証したもの。韓国の医療スタッフの力で韓国の病院でこうした成果を出したことも意味がある」と話した。

キム・ギョンミ教授は「胃がんは非常に複雑ながんで多様な分析技法を動員してこそ患者の病状が良くなる。今後患者個人ごとのがん分析がさらに精密になるだろう」と話した。今回の研究は米国がん学会学術誌である「キャンサーディスカバリー」最新号に掲載された。先月には「ネイチャー」オンラインニュースで「革新的研究成果」として紹介された。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP