주요 기사 바로가기

サウジ海外歌手初めてのスタジアム公演の主人公は防弾少年団(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.14 11:10
0
現地ファンに対する細心の配慮はあちこちで際立っていた。一日5回、メッカに向かって祈るイスラム信徒のためのカーペットが用意され、4回目の礼拝時間である5時31分になると音響リハーサルも中断された。公演開始も礼拝時間に合わせて進められた。最後の7時1分の礼拝を終えて公演を楽しめるように7時30分から始めたのだ。韓国の女性スタッフもアバヤを着て現地文化を尊重する姿を示した。

現地ファンの韓国語の実力も相当だった。BTSがきっかけで韓国語を学んだというペドゥール・アハメドさん(25)は「韓国の名前はチョ・アライで、韓国の年齢で26歳」と片言ながらもはっきりと話した。5万人余りがフォローしている「アラブRM」ツイッターを運営中のハーンさん(23)は「『Spring Day』の歌詞に感銘を受けてファンになった」とし「おかげで本当の自分の姿に見つけることができた」と話した。韓国人という理由だけであたたかい挨拶を交わして写真を撮ろうと提案するアラブファンに会い、こちらに来る前にあった漠然とした恐れは少しずつ消えていった。

マハ・アル・ナセルさん(27)は「今回の公演がちゃんと行われるかどうかみんなかなり心配したが、順調に進んでよかった」としながら「中東地域に対する先入観が少しでも消えるように願う」と話した。公演会場で会ったファンはみな「アバヤはもう強制着用ではない。今日ここに着て来たのは自分が決めたこと」と話した。

今回の公演は外国人観光客にとっても新たな歴史だった。やっとサウジ公演のチケット購入に成功しても心配が先だったのは事実だった。韓国からの直航便がないだけでなく、現地で発行された招待状がなければビザさえ発給されない場所だからだ。今年8月、ソウルで3日間「BTSインサイトフォーラム」を開催したプランナーであり、来年1月4~5日に英国で開かれる「BTSカンファレンス」基調演説者として必ず見たい公演だったが、越えなければならない山が少なくなかった。

幸い、サウジ政府は先月27日から韓国など49カ国を対象に観光ビザの発行を決定した。BTS公演を半月後に控えて外国人観光客に門戸を大きく開いたのだ。初めて施行される電子ビザは申請から3分で発行され、不足していた現地情報はアーミー最大の武器である「連帯」を通じて解決した。「女一人では危険すぎる。行くな」という周囲の人々の反対を押し切って、ツイッターで悩みを共有した結果、私と同じような境遇に置かれたアーミーに出会うことができた。

各種SNSを通じて「現地消息筋」となる、サウジで勤める韓国人アーミーまで12人が集まると、その後は一瀉千里に物事が進んだ。サウジに24年間暮らしている貿易業者のイム・テウォンさん(56)は「公演会場まで行く公共交通が全くなくて不便だろう」と言って30人乗りのリムジンバスを手配してファンに提供した。イムさんは「10年前だけでも韓国といって思い浮かぶイメージはサムスン携帯電話、現代自動車がすべてだったが、BTSのおかげで若者層の間のイメージが一層良くなった」と話した。

2時間40分間余りにわたって繰り広げられた24曲の公演はあっという間に終わった。サウジ初の大型公演なので深刻な交通混雑が起きて、ホテルに戻るにも同じように時間がかかった。だが、イライラを表に出すような人は一人もおらずさまざまな言語の対話が行き来した。私たちがひとつになって「つながった」ことを実感できる、互いへの愛と尊重があふれた夜だった。26日から3日間、ソウル蚕室(チャムシル)オリンピック(五輪)主競技場で繰り広げられる今回のツアーの千秋楽公演ではどのような話を交わすことになるだろうか。「SPEAK YOURSELF」の瞬間に今から期待が高まるばかりだ。 サウジ海外歌手初めてのスタジアム公演の主人公は防弾少年団(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    サウジ海外歌手初めてのスタジアム公演の主人公は防弾少年団(2)

    2019.10.14 11:10
    뉴스 메뉴 보기
    BT21キャラクターマスクを着用した現地ファンと韓国の文化マーケティンググループ「マッシュルーム」のキム・ヨンミ代表(右)。[写真 Big Hitエンターテインメント]
    TOP