주요 기사 바로가기

サウジ海外歌手初めてのスタジアム公演の主人公は防弾少年団(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.14 11:08
0
◆文化マーケティンググループ「マッシュルーム」キム・ヨンミ代表の防弾少年団「LOVE YOURSELF:SPEAK YOURSELF」サウジアラビア公演観覧記

「僕は今 世界の扉の前にいて/ステージに上がる時に聞こえる歓声」

11日午後7時30分(現地時間)、サウジアラビアの首都リヤドのキング・ファハド国際スタジアムで防弾少年団(BTS)の『Dionysus』が響くと、観客約3万人がいっせいに歓呼した。今年6月、韓国歌手として初めて英国ロンドン・ウェンブリーなどで公演した時と同じオープニング曲だったが、公演会場の雰囲気は明らかに違った。

女性観客のうち70%以上が頭部にニカブやヒジャブ、チャドルなどを巻き、首から足首まで覆う黒のアバヤ姿だったからだ。アーミーボム(応援棒)を片手に握ったサウジアーミー(ファンクラブ)軍団との出会いは、BTSワールドツアー「LOVE YOURSELF:SPEAK YOURSELF」が海外歌手として初めてサウジのスタジアムに入ったことを実感させた。

約2カ月間の長期休暇を終えてステージに上がったメンバーはエネルギーにあふれていた。「皆さんが遠方から私たちに送ってくれる愛の大きいことを知っている。今日は長い間BTSを心待ちにしてくれたアーミーのための祭り」というRMの挨拶の言葉と同時に本当の祭りがスタートした。『Boy With Luv』『FAKE LOVE』『IDOL』などアルバム別タイトル曲はもちろん、メンバー別のソロ曲が出てきても大合唱が続いた。

普段とは違い、腹筋の露出などを自制し、『ぺップセ』など一部の振付けが純化されたりしたが、一緒に歌って踊るには全く支障がなかった。2年前だけでも公共場所で踊ることがダブー視されていたというのが信じられないほどだった。メンバーは「アへッブキ(愛している)」「アル・アブタル(最高)」「シュクラン(ありがとう)」などアラビア語でファンと疎通した。13日が誕生日のジミンのために、アラビア語で「サナヘルワ・ヤ・ガミール(誕生日おめでとう)」の歌を歌ったりもした。

サウジアーミーといってもここを訪れるのが初めてという場合が大部分だった。この競技場は2017年9月に行われた建国記念日祭で初めて女性の入場を許可したことに続き、昨年1月から競技場内での女性のサッカー観覧が可能になったためだ。大学生のアリヤ・アル・ラシディさん(23)は「アラビア語は最も学ぶのが難しい言語の一つなのに、初めての公演でアラビア語の挨拶の言葉を準備してくれて、アラブアーミーへの特別なプレゼントになった」と話した。ノラ・アル・ラシディさん(25)は「家族はもちろん、いとこもみんなBTSファン」としながら「いつか韓国公演にもぜひ行ってみたい」と話した。 サウジ海外歌手初めてのスタジアム公演の主人公は防弾少年団(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    サウジ海外歌手初めてのスタジアム公演の主人公は防弾少年団(1)

    2019.10.14 11:08
    뉴스 메뉴 보기
    11日、サウジアラビア・リヤドで開かれた防弾少年団のコンサート。海外歌手として初めて開かれたスタジアム公演だ。[写真 Big Hitエンターテインメント]
    TOP