주요 기사 바로가기

北朝鮮「わが漁船沈没させた日本政府は賠償せよ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.13 09:13
0
北朝鮮外務省が12日、東海(日本名・日本海)の大和堆の漁場で7日に北朝鮮漁船が日本の漁業取締船と衝突し沈没したことと関連し、日本に賠償と再発防止対策を要求した。

北朝鮮外務省報道官はこの日、朝鮮中央通信記者の質問に対し「7日、日本水産庁の取締船が朝鮮東海水域で正常に航行していたわが漁船を沈没させる白昼強盗さながらの行為を働いた。われわれは、日本政府がわが漁船を沈没させて物質的被害を与えたことに対して賠償し、再発防止対策を講じることを強く求める」と答えた。

外務省報道官は「日本側によってわが船員たちが救出されたと言うが、彼らの生命安全は甚だしく脅かされた。このような事件が再び発生する場合、日本が願わない結果が招かれるであろう」と主張した。続けて「日本政府の当局者らとメディアは、わが漁船が取り締りに応じず、急旋回をしたために自国の取締船とぶつかったのが事件の基本原因であるかのように世論をまどわしている。日本が自国の故意の行為を正当化してみようと熱を上げて盗人猛々しく振る舞っているが、わが漁船を沈没させ、船員たちの生命安全まで脅かした今回の事件の責任から絶対に逃れられない」と強調した。

さらに外務省報道官は、「われわれがすでに、わが漁船の活動に対する妨害や取り締り、その他の物理的な行動が突発的な衝突を引き起こしかねないということについて事前警告したにもかかわらず、挑発的に出た以上、それに対応して必要な行動措置を取っても日本側は言う言葉がないようになっている」とし、そのうえで「このような事件が再び発生する場合、日本が願わない結果が招かれるであろう」と警告した。

日本の海上保安庁と水産庁によると、7日午前9時ごろ、石川県の能登半島沖北西350キロメートル海上で水産庁の漁業取締船「おおくに」と北朝鮮漁船が衝突した。この衝突により北朝鮮漁船は20分ほどで沈んだ。漁船に乗っていた約60人は日本の取締船と海上保安庁の巡視船により全員救助され、別の北朝鮮漁船に引き渡された。

東海の好漁場である大和堆の大部分は韓日共同管理水域に属する。

これに対し日本政府は北朝鮮のイカ釣り漁船が自国の排他的経済水域(EEZ)の大和堆周辺で違法操業をしており、退去を要求する取締船に北朝鮮漁船がぶつかったと主張した。日本はこの海域が自国のEEZに属すると主張しているが、北朝鮮は自国の「専属経済水域」(排他的経済水域)という立場を先月明らかにした。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP