주요 기사 바로가기

文大統領「経済鈍化で民間活力低下…財政の迅速執行を」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.12 11:50
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領が11日、世界景気の減速などで悪化する経済状況を補完するため積極的に財政を執行すべきだと指示した。

文大統領はこの日午前、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官から1時間半ほど主要経済懸案に関する定例報告を受けた後、このように注文したと、高ミン廷(コ・ミンジョン)報道官が会見で明らかにした。

文大統領は「世界経済の鈍化などで民間部門活力が弱まる状況」とし「財政を通じて効果的に補完するのが政府の基本責務」と強調した。続いて「年内の財政執行、さらに来年1-3月期にも財政が迅速に執行されるように万全の準備をすべき」と述べた。

文大統領は日本の輸出規制措置に関し、「輸出規制から100日が過ぎたが、その間、韓国企業・政府が熱心に対応したことで概して無難に対処してきたし、素材・部品・装備の輸入先多角化・自立化・国産化を促進する契機になった」と述べ、部処の努力を高く評価した。

また「産業資源部の素材・部品産業政策官室、中小ベンチャー企業部の海外市場政策官室、科学技術情報通信部の科学技術革新調整官室の職員に特に苦労が多かった」とし「対策の樹立から昼夜を問わず総力を尽くそうと健康に無理がかかるほどだと聞いたが、一線の公務員の献身的な努力・苦労に感謝している」と述べた。洪副首相にも公務員に対する激励を求めた。

文大統領は来年の週52時間勤務制度の拡大について関連立法を推進する一方、新しく構成される経済社会労働委員会などから意見を聴いて必要な補完策を用意するよう強調したと、高報道官は伝えた。

洪副首相は「我々の経済健全性は堅固だが、最近のマクロ経済指標上、プラス・マイナスの指標が混在するだけに、拡張的な財政政策の一環として今年の予算が最大限執行されるよう中央・地方政府間の協力を通じて利用・不用を最小化する」と報告した。また「予算案と税法案、経済立法案の国会審議に積極的に対応し、経済活力を支援するのに努力する」と述べた。さらに、人口構造変化に対する人口政策タスクフォース(TF)を稼働して一部の課題を発表し、第2次人口政策TFを構成して残りの議題を議論する計画だと明らかにした。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP