주요 기사 바로가기

北朝鮮の金正恩委員長、錦繍山太陽宮殿参拝…「非核化メッセージ」はなかった

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.11 15:17
0
金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が、労働党創建記念日(10月10日)を迎え金日成(キム・イルソン)主席と金正日(キム・ジョンイル)総書記の遺体が安置される錦繍山(クムスサン)太陽宮殿を参拝したと朝鮮中央通信が11日に報じた。

中央通信は「金正恩同志は党創建74周年に際し、10日に朝鮮労働党中央委員会政治局の成員と共に錦繍山太陽宮殿を訪問した」とし、「金正恩同志は金日成・金正日立像に敬意を表し、花かごを進呈した」と伝えた。

同日の参拝は崔竜海(チェ・ヨンへ)最高人民会議常任委員長、朴奉珠(パク・ボンジュ)国務委員会副委員長、金才龍(キム・ジェリョン)首相ら党中央委政治局のメンバーが同行した。中央通信が公開した参拝写真を見ると金委員長の両脇に朴光浩(パク・グァンホ)、金平海(キム・ピョンヘ)、崔輝(チェ・フィ)、李洙ヨン(イ・スヨン)、呉秀容(オ・スヨン)、朴太徳(パク・テドク)、朴泰成(パク・テソン)、金英哲(キム・ヨンチョル)など党副委員長らと超延俊(チョ・ヨンジュン)党検閲委員長、盧斗哲(ノ・ドゥチョル)副首相、金秀吉(キム・スギル)軍総政治局長などが見える。

金委員長が党政治局の幹部らを引き連れ、党創立日に錦繍山太陽宮殿を参拝したのは党中心の国政運営を強調した動きという分析だ。朝鮮通信は金委員長の参拝と党創建74周年を祝う公演観覧の動静を短く伝えただけで、最近の米朝実務交渉決裂に関する「非核化メッセージ」は出さなかった。

今回の参拝に参加した政治局成員が「金正恩同志の指導を忠実に受け止め、社会主義強国建設のより高い目標を占領するための自力更生大進軍の先頭で革命の指揮成員としての責任と本分を尽くしていく信念の誓いを固く誓った」と伝えたのが全てだ。

政府当局者は「今年は党創建74周年で、北朝鮮が重要視する整週年(5年単位で折っ落日)でもないため、中央報告大会や閲兵式も開かれなかった」とし「内部の結束を固める対内行事として行ったものと見られる」と述べた。

代わりに、北朝鮮は2月の米朝ハノイ会談後、外務省の各官僚らの談話や記者会見を通して対米・対韓メッセージを発信するパターンを見せている。

5日に米朝ストックホルム実務交渉を控えて崔善姫(チェ・ソンヒ)外務省第1副相、金明吉(キム・ミョンギル)外務省巡回大使、金桂冠(キム・ゲグァン)外務省顧問らが交互に談話を出し、米国を圧迫したのが代表的だ。北朝鮮は先日、欧州6カ国が北朝鮮の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の試験発射を糾弾する共同声明を発表すると、外務省報道官が10日に談話を出し「厳重な挑発だ」と反発した。また、核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射中止を意味する重大な措置を再考する可能性があると威嚇した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP