주요 기사 바로가기

<野球>韓国、「プレミア12」2連覇を踏んで東京五輪金メダルへ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.11 15:13
0
「金卿文(キム・ギョンムン)チーム」が東京に向かって第一歩を踏み出す。11月6日に開幕する「プレミア12」に出場する韓国野球代表が練習を開始する。

野球国家対抗戦のプレミア12には世界野球ソフトボール連盟(WBSC)ランキング上位12カ国が出場する。2018年基準で世界1位の日本と米国(2位)、韓国(3位)、台湾(4位)、キューバ(5位)、豪州(7位)、カナダ(10位)、プエルトリコ(11位)が出場国に含まれた。2015年の第1回大会と同じく、今回もメジャーリーグでプレーする選手はほとんど参加しない。MLB球団がけがを心配して出場を認めなかった。タンパベイ・レイズの一塁手、崔志万(チェ・ジマン、28)も予備エントリーには含まれていたが、結局は合流できなかった。前大会優勝の韓国はキューバ、豪州、カナダと同じグループリーグC組(ソウル高尺スカイドーム)に属する。A-C組の1、2位が日本で開催されるスーパーラウンド(6強)に進出する。

今大会が重要なのは2020東京オリンピック(五輪)の出場権がかかっているからだ。東京五輪には開催国の日本など計6カ国が出場する。アジア・オセアニアの国のうち日本を除いた最上位チームが東京行き直行チケットを獲得する。韓国の場合、スーパーラウンドに進出して台湾や豪州より高い順位の成績を出さなければいけないという意味だ。韓国代表の金卿文(キム・ギョンムン)監督も「まずは6強が目標」と話した。

韓国代表チームは11日、水原(スウォン)ktウィズパークで最初の練習を始める。3週間ほど練習した後、来月初めにプエルトリコと1、2回の練習試合をする。グループリーグ初戦の豪州戦は11月6日に行われる。過去の代表チームと比較すると、練習期間は短くない。金卿文監督は「野球も流れが重要だ。選手の数が少なくても早くから集まって練習を始めることが重要だ」と、招集を急いだ理由を説明した。

代表選手の大半は招集日の10日には合流できない。シーズン終盤に雨天中止となった試合が多く、ポストシーズン開始が遅れたからだ。ポストシーズンに進出できなかったKT、起亜、サムスン、ハンファ、ロッテ、そしてワイルドカード決定戦で脱落したNCの選手だけが先に集まった。選手は10人にしかならない。さらに投手の具昌模(ク・チャンモ、NC)はけがで代表チームから外れる可能性が高い。まだ全体エントリー(28人)の3分の1ほどだ。準プレーオフで10日に敗退したLGの選手(3人)がここに加わる。

選手全員が集まって練習するのは1週間ほどと予想される。予定通りに進行すれば韓国シリーズが4試合で終わっても今月26日、第7戦までもつれれば30日に終わる。斗山(6人)、SK(4人)、キウム(5人)のうち韓国シリーズ進出選手は休養なく代表チームに合流する。金卿文監督は代わりのコーチも選ばなければいけない状況だ。投手コーチの鄭ミン哲(チョン・ミンチョル)解説委員がハンファ団長に任命された。鄭ミン哲団長も金卿文監督に「代表チームのコーチが難しくなった」と伝えた。

今大会に相手チームには「知韓派」が多い。警戒対象の筆頭はハンファの投手ワーウィック・サーポルト(豪州)だ。今季31試合で12勝11敗、防御率3.51をマークした。前半は平凡だったが、後半に入って6勝2敗、防御率1.85という成績を出し、再契約が有力視される。戦力分析担当のチェ・ウォンホ解説委員は「サーポルトが韓国戦に登板する可能性が高い」と予想した。サーポルトは「韓国で大会が行われ、韓国を相手に登板する可能性もある。楽しみだ」と期待感を表した。豪州には起亜でプレーしたベテラン左腕トラビス・ブラックリーもいる。

SKから放出された後ロッテでプレーしたブロック・ダイクソンもカナダ代表として出場する。ロッテとの再契約が成立しなかったダイクソンは来季、新しいチームを探さなければいけない。全世界のスカウトが今大会に集まるだけに印象的な姿を見せようとするはずだ。2013シーズンを控えてロッテと契約した投手スコット・リッチモンド(カナダ)も6年ぶりに来韓する。リッチモンドは当時、けがのため1試合も登板せず帰国した。今季は台湾リーグでプレーした。

SKの内野手ジェイミー・ロマックはカナダ代表合流要請を受けたが断った。キューバ代表だったホセ・フェルナンデス(斗山)は今回、代表メンバーから外れた。キューバはアルフレド・デスパイネ (ソフトバンク)、ライデル・マルチネス(中日)など日本プロ野球経験者を6人選抜した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP