주요 기사 바로가기

<Mr.ミリタリー>金正恩の最終兵器SLBM、我々の力で克服すべき=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.11 13:41
0
「イスラエルなら撃沈していたはずだ」。韓国国防部の首脳部は2014年の秋、北朝鮮が新浦(シンポ)級潜水艦を新たに建造中であることが報道されると頭を悩ませた。潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)1基を搭載して発射できるこの潜水艦に対し、メディアと政界は状況を変える「ゲームチェンジャー」と判断して対策を要求した。当時のため息ばかりが出る雰囲気の中、ある当局者が「それほど心配なら静かに撃沈しよう」とし「イスラエルならそうするのではないだろうか」と話したという。北朝鮮が新浦級潜水艦を進水した後の海上試運転の時期、韓国海軍の潜水艦の魚雷で東海(トンヘ、日本名・日本海)の深い海中に痕跡なく葬ろうということだった。このような主張はアイデアレベルで終わって実行されず、新浦級潜水艦は完成したと伝えられた。

2日に北朝鮮が東海上のバージ船からまた発射したSLBMの北極星3型は過去の1・2型よりさらに改良された。SLBMの飛行エラーをなくすために1・2型に付着したグリッドフィン(格子翼)がなくなり、弾頭の先が短くなった。SLBMの飛行安定性と機動性が高まり、高高度から大気圏に高速再進入する際、弾頭が高熱と圧力に耐えられるよう多弾頭型に設計されたという分析だ。北朝鮮が非核化交渉中にも内部ではSLBMの性能改良に没頭してきたということだ。

この日、元山(ウォンサン)沖で発射した北極型3型は高度910キロmまで上昇し、450キロ飛行した。正常角度で発射すれば1900キロ以上飛行するという。北朝鮮が公開した写真を見ると、噴射した火炎の直径が大きくなっている。これはSLBMに固体燃料を使用し、射程距離と弾頭重量がさらに増えたという意味と解釈される。射程距離を中国のSLBM「巨浪2」のように8000キロまで拡大する可能性もあると、クォン・ヨンス元国防大教授は話した。日本のほか、グアム、ハワイ、カリフォルニアも打撃対象だ。

北朝鮮SLBMには金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の執念が込められている。北朝鮮がSLBM発射で失敗と成功を繰り返していた2015年、金委員長は焦りを感じていた。金委員長は3回目の発射に失敗してから4回目に成功するまでの約40日間、SLBM研究室を10回も訪問したと、北朝鮮側が発表した。4日間に1回のペースで開発現場を訪れたのだ。金委員長がSLBMにこのように没頭したのには理由がある。SLBMが北朝鮮の核戦争力の「最終兵器」だからだ。金正恩委員長が信頼する核兵器だ。

理由はこうだ。北朝鮮の弾道ミサイルと核兵器貯蔵庫は韓米情報当局がほとんど把握している。米国はいつでもミサイルとステルス戦闘機で一瞬のうちに破壊できる。しかし潜水艦は違う。金委員長は危機が訪れればSLBM潜水艦をあらかじめ出港させ、東海の海中に隠す。米国が地上にある北朝鮮弾道ミサイルと核兵器を除去しても、北朝鮮のSLBM潜水艦は生き残る。北朝鮮は核弾頭が搭載されたSLBMでソウル・東京、グアム・沖縄、ハワイと米本土のカリフォルニアなどに大量報復ができる。いわゆるセカンドストライク(2次反撃)だ。金正恩委員長の自信はここにある。ICBM(大陸間弾道ミサイル)を保有する米国・ロシア・中国などもSLBM原子力潜水艦を運営する理由だ。

問題は米国だ。米大統領が北朝鮮のSLBMによる大規模な人命被害負担を抱えながら北朝鮮攻撃命令に署名できるだろうか。こうした懸念から米国の核の傘(拡張抑止戦略)が作動しないこともある。毎年の韓米定例安保協議(SCM)で米国が公言する「核の傘保障」が無用になる。韓米同盟の危機だ。北朝鮮の立場ではSLBMが最小核抑止力の完成だ。北朝鮮はSLBMで核の脅威の範囲を大きく拡大し、韓米を脅迫する可能性も排除できない。南北関係の主導権を掌握するのにも有利だ。それでSLBMは金正恩委員長の最終兵器といえる。

それでも韓国政府は北朝鮮のSLBMにあえて目を背けている。鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は2日、国会国防委員会の国政監査で北朝鮮のSLBM発射は9・19軍事合意違反でないと述べた。鄭長官は「軍事合意にはその(SLBM)ような表現がない」と話した。しかしSLBMは軍事合意内容よりはるかに大きな事案であり、合意精神に反する。青瓦台(チョンワデ、大統領府)も同日、「強い懸念を表す」と述べただけだ。北朝鮮に対する低姿勢を越えて屈従に近い。市民は怒った。国防部と青瓦台を信じることができないという。米国も紛らわしい。米国務省・国防総省は「挑発」と警告したが、トランプ大統領はSLBM発射報告に無関心だった。むしろ英国やフランスが安保理に提訴した。 <Mr.ミリタリー>金正恩の最終兵器SLBM、我々の力で克服すべき=韓国(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP