주요 기사 바로가기

ドラマ『椿の花咲く頃』、相次ぐ上昇の勢い…14.5%で自己最高記録を更新

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2019.10.11 12:01
0
『椿の花咲く頃』の視聴率が上昇した。10日放送されたKBS 2TVドラマ『椿の花咲く頃』は11.0%-14.5%の視聴率を記録した。(ニールセン コリア、全国世帯基準)過去の放送分(13.1%)より1.4%ポイント上昇した。

『椿の花咲く頃』は先月18日、初放送以降毎日視聴率上昇を記録している。第1話(30分基準で第2話)は7.4%から始まり2倍近く上昇した。

一方、MBC(文化放送)ドラマ『偶然始まった一日』とSBSドラマ『シークレット・ブティック』はそれぞれワールドカップ(W杯)アジア第2戦予選とKBOリーグ準プレーオフ第4戦の中継で欠放した。

MBNドラマ『優雅な家』は7.0%で、tvNドラマ『チョンイル電子ミス・リー』は3.0%だった。(ニールセンコリア、全国有料プラットホーム加入世帯)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ドラマ『椿の花咲く頃』、相次ぐ上昇の勢い…14.5%で自己最高記録を更新

    2019.10.11 12:01
    뉴스 메뉴 보기
    ドラマ『椿の花咲く頃』
    TOP