주요 기사 바로가기

韓経:文大統領、サムスン副会長と9回目面会…「日本の輸出統制で心配しなくても良いか」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.11 07:26
0
「もう心配しなくても良いですか」。10日、サムスンディスプレイ忠南牙山(チュンナム・アサン)工場を訪れた文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「ディスプレイ分野は部品・素材、装備の特定国への依存度が高く、日本の輸出統制の影響を受けるのではないか国民が大いに心配している」としてこのように尋ねた。

サムスン職員は「心配しなくても良い」として「見下げることのできないディスプレイ強国として超格差を広げていきたい」と話し、文大統領の拍手を引き出した。日本の輸出規制が始まって99日目となるこの日、現場を訪問して克日のメッセージを伝えたわけだ。文大統領はこの日、瑞山(ソサン)の海美邑城(ヘミウプソン)で開かれた忠南経済人との午餐会でも「ここは李舜臣(イ・スンシン)将軍が国を救えた基盤を整えた場所」と意味を与えた。

この日で就任以降公式行事で李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長と9回目の面会を行った文大統領は「新規投資協約式」を祝う演説では「サムスン」という言葉に10回も言及した。文大統領はお迎えに出てきた李副会長の右腕を左手で軽くなだめて歓迎のジェスチャーを見せた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP