주요 기사 바로가기

北朝鮮の脱線を懸念する米国、韓・日に会談結果「箝口令」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.09 16:19
0
5日(現地時間)にスウェーデンのストックホルムで北朝鮮外務省の金明吉(キム・ミョンギル)巡回大使と実務交渉をした米国務省のビーガン北朝鮮政策特別代表が韓国と日本を相手に交渉結果を共有したと、米国務省が8日(現地時間)明らかにした。米国務省は別の発表文を通じて「ビーガン代表が韓国・日本首席代表と2者および米韓日3者会談をした」とし「ビーガン代表は会談で北朝鮮の完全な非核化を達成して韓半島(朝鮮半島)に永久的な平和をもたらすための米韓、米日および3者の緊密な連携の重要性を再確認した」と述べた。

しかしビーガン代表がどのような内容を説明したかは伝えられていない。韓国外交部の李度勲(イ・ドフン)韓半島平和交渉本部長は会談後、記者らに対し「どのようにして対話のモメンタムを維持していくかについて主に話し合った」とだけ伝えた。そして「(会談内容については外部に)話さないことにした」とし、記者の質問を受けずに去って行った。この日、北朝鮮の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)発射に関連して招集された安保理非公開会議でも、米国のコーエン国連大使代行は実務交渉の具体的な内容を説明しなかったという。

これに関し外交筋は「会談の進行過程が詳細に外部に伝えられる場合、会談にマイナスの影響を及ぼしかねない」とし「米国側が北朝鮮との実務交渉内容について説明しながらも、秘密を維持してほしいという趣旨の要請があったと聞いている」と話した。米国が会談内容を韓国と日本を相手に「一定部分」共有したものの、北朝鮮の「脱線」を意識して「箝口」を要請したということだ。米国が2週間以内の交渉再開を希望している状況で、北朝鮮が韓日米の情報共有を理由に対話の局面を壊したり大陸間弾道ミサイル(ICBM)カードを取り出すかもしれないという懸念の声があるという。米朝交渉に関与していた元当局者は「北は会談場で交わした対話が外部に伝えられることに敏感だ」とし「北が局面を壊す口実を与えないために米国が意識しているようだ」と話した。

こうした米国の慎重な態度には北朝鮮の事前注文が作用したという伝言だ。匿名を求めた政府当局者は「実務交渉のための米朝水面下接触過程で北側が非公開を求めたと聞いている」とし「このため実務交渉場所はもちろん、会談日程の共有も遅れたが、こうした雰囲気が会談後にも続いている」と伝えた。この日、韓日米は5日に決裂した実務交渉に関する内容を共有したが、共有の範囲は最小限だっという見方が出ている。韓国と日本の当局者がワシントンを訪問したのは、米国が自発的に情報を共有する考えがなかったためという解釈もある。情報当局では、今回のスウェーデン米朝接触に関連し、韓米間の情報共有が以前とは違うという声も出ている。

一方、別の政府当局者は「韓米間では時差がないほど情報共有が随時行われている」とし「政府はスウェーデン現地でもある程度の会談内容を把握していたし、ビーガン代表が本国に戻って上部に報告した後に説明を受けるのが一般的な過程であるため、李本部長がワシントンを訪問した」と主張した。しかし北朝鮮は8日にも「韓国は依然として仲裁者だと考えている」(朝鮮新報)と主張するなど、韓国パッシングを明確にした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北朝鮮の脱線を懸念する米国、韓・日に会談結果「箝口令」

    2019.10.09 16:19
    뉴스 메뉴 보기
    韓国外交部の李度勲(イ・ドフン)韓半島平和交渉本部長が8日、ワシントンで米国のビーガン北朝鮮政策特別代表と協議を終えた後、米国務省の庁舎を出ている。 チョン・ヒョシク特派員
    TOP