주요 기사 바로가기

現代一家3世チョン・デソン社長、3Dプリンティング建設進出

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.09 14:37
0
現代(ヒュンダイ)一家の3世、チョン・デソン現代BS&C社長が3Dプリンティング建設市場に進出した。現代BS&Cは最近国内最大の3Dプリンティング建設スタートアップ「コロナ」を買収したと8日に発表した。

3Dプリンタとは前後(x軸)・左右(y軸)・上下(z軸)の運動をしながら立体を作る機械だ。大きな塊を削り出す「切削型」と材料を噴出して積みあげる「積層型」に分けられる。積層型3Dプリンタでコンクリートの液体などを噴出し、構造物を建てるのが3Dプリンティング建設だ。

これは従来のやり式の建設に比べ、工期・工事費を画期的に削減できる。事故発生率も低い。品質はより良くなる。人間の代わりに3Dプリンタを中心に作業するおかげだ。

現代BS&Cはコロナ買収に合わせてソウル中区奨忠洞(チュング・ジャンチュンドン)社屋の前に警備室(横4メートル・縦2.5メートル・高さ2.2メートル)を3Dプリンタで製作した。3Dプリンティングの警備室を建てたのは世界で初めてだという。総製作時間は約14時間、工事費は過去の方法に比べ10%程度という説明だ。

チョン・デソン社長は「現代BS&Cは、国内ではIT技術(モノのインターネット・ブロックチェーンなど)に基づくスマート住宅を供給してきた」とし「今後、3Dプリンティング建築技術まで加わり、グローバル建設市場、特に小型の住宅市場を積極的に攻略するつもりだ」と述べた。現代BS&Cは住宅ブランド「現代サンアンドビル」や「HERIOT」などを有している。

韓国政府も3Dプリンティングの建設を次世代建設技術として育成している。韓国建設技術研究院とソウル大学・延世(ヨンセ)大学など18機関が2021年までに3Dプリンタで試験住宅を建設する予定だ。

建設技術研究院建設自動化研究センターのチュ・ギボム選任委員は「民間資本が投資に乗り出し、政府が後押しすることで本格的に3Dプリンティング建設業界の生態系が作られる見通し」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    現代一家3世チョン・デソン社長、3Dプリンティング建設進出

    2019.10.09 14:37
    뉴스 메뉴 보기
    現代BS&Cのチョン・デソン社長[中央フォト]
    TOP