주요 기사 바로가기

金正恩委員長、ハノイ衝撃当時より長い29日間現れず…「プランB」構想中?

ⓒ 中央日報日本語版2019.10.08 16:11
0
スウェーデンでの米朝実務交渉の前から始まった北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の潜伏が長い。

韓国政府当局者は8日、「金委員長が先月10日から今日(8日)までの29日間、公開的な席に姿を現していない」とし「米朝実務交渉に集中していたと推定される」と述べた。

北朝鮮は先月10日、平安北道价川(ケチョン)空軍基地で超大型放射砲を発射したが、金委員長はこれを参観して以来29日間も公開活動をしていない。金委員長が今年に入って10日以上にわたり姿を現さなかったのは今回を含めて計6回だが、29日間は最長だ。

5月9日に短距離ミサイル(北朝鮮版イスカンデル)発射現場を訪れた後、22日間潜伏した。これに先立ち金委員長はハノイ米朝首脳会談が決裂した直後の3月10日から17日間、姿を見せなかった。当時は首脳会談決裂による衝撃と内部整備のためだった。スウェーデン実務交渉前後の今回の潜伏期間はハノイ会談後よりも長い。

これについては、年末までと期限を定めた米朝首脳会談の戦略樹立レベルとみる分析が多い。国家安保戦略研究院のキム・イルギ北朝鮮研究室長は「金委員長は2017年まで、長期間公開活動を中断した後また登場する時には核実験やミサイル発射をした」とし「昨年からは会談を控えて『短期間』姿を消すケースが多かったが、特に今回は死活をかけて進めた米朝首脳会談の準備のためである可能性が高い」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP