주요 기사 바로가기

<サッカー>孫興民の代理人「ナポリ移籍説は一部分だけを引用報道」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.07 10:40
0
「孫興民(ソン・フンミン)はナポリに移籍しない」。孫興民(27、トッテナム)の代理人ティス・ブリマイスター氏(42、ドイツ)が「ナポリ(イタリア)移籍説」を一蹴した。ブリマイスター氏は6日、中央日報の電話インタビューで「孫興民に関連してナポリ球団といかなる連絡も取り合ったことはない」と明らかにした。

孫興民のナポリ移籍説は5日(韓国時刻)、「フットボールイタリア」などが「代理人が孫興民の潜在的なナポリ移籍の可能性を話した」と報道して浮上した。同メディアによると、ブリマイスター氏は同日、イタリアのラジオ「マルテ」のインタビューで「まだ我々の選手のうちナポリと契約した選手はいないが、所属選手をナポリに移籍させたい考えがある。最も好きなディエゴ・マラドーナがプレーしたチームであるため」と話した。続いて「以前にナポリの関係者と話したことがある。当時の人はもう球団にいないが、ザルツブルクとナポリの欧州サッカー連盟(UEFA)チャンピオンズリーグ2連戦(24日、11月6日)で競技場を訪れてミーティングを進めてみる」と伝えた。またブリマイスター氏は「孫興民がナポリでプレーできない理由はない。サッカー界ではいかなることでも『絶対にない』と話してはいけない。孫興民はイタリアはもちろん料理や人も好む。移籍料が高い孫興民を連れてくるのは容易なことではない。しかしいつかそのようことが起こることもあり得るし、誰にも分からない」と語った。ただ、フットボールイタリアはブリマイスター氏が放送でこのように話した背景を明らかにしなかった。

前後の言葉はなく代理人の一部の発言だけを伝えたイタリアメディアの報道はすぐに欧州全体に広まった。英インディペンデントは「孫興民がナポリに移籍する可能性がある」と報じ、その後は韓国国内にこれが伝えられた。ファンは驚いた。全盛期を迎えた孫興民がUEFA上位圏クラブのトッテナム(12位)を離れてナポリ(17位、3日基準)に行く可能性があるという話であるからだ。ファンは孫興民の今の競技力なら「レバミュン」(レアル マドリード、バルセロナ、バイエルン・ミュンヘン)でプレーするのがふさわしいと声を高めた。ブリマイスター氏は今回のうわさについて驚いているという立場だ。

ブリマイスター氏は「孫興民はトッテナムでの選手生活に非常に満足している。いますぐ移籍することはない」と強調した。続いて「インタビューは『将来いつか移籍することもあり得る』という趣旨だった。サッカー界ではいかなることも断定はできない」と述べた。該当放送の全体を確認してみると、ブリマイスター氏の釈明は事実だった。放送の進行者が「まだナポリ球団には所属選手を送ったことがないのでは」と尋ね、ブリマイスター氏は「ナポリ球団とミーティングを計画する」と答えた。しかし孫興民を特定しなかった。ザルツブルク(オーストリア)のFW黄喜燦(ファン・ヒチャン、23)の代理人でもあるブリマイスター氏はザルツブルクとナポリの2連戦を見に行く予定であり、その時に現ナポリ関係者とあいさつを交わすという意味だった。

孫興民の移籍の話も放送進行者が先にした。「もしあなたの選手のうち誰かがナポリに入団するとすれば、その最初の選手が孫興民であればよい」という進行者の言葉に、ブリマイスター氏が儀礼的に応対したのだ。インタビュー全体を聞いたある代理人は「孫興民の移籍は非常に難しい質問だが、ブリマイスター氏は誰も傷つかないようにうまく答えた。代理人の立場ではっきりと『孫興民はナポリに行かない』で話すことはできない」と指摘した。ブリマイスター氏は「孫興民がナポリに行かないのは誰もが知っている事実」とし「今は移籍よりも所属チームに集中することが重要だ」と改めて強調した。

ナポリ移籍説は一段落したが、孫興民に対するラブコールは続く見込みだ。最近マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)が孫興民に注目している中、6日にはジネディーヌ・ジダン監督のレアル・マドリード(スペイン)が7100万ユーロ(約930億ウォン)の移籍料を策定したというスペイン現地の報道があった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>孫興民の代理人「ナポリ移籍説は一部分だけを引用報道」

    2019.10.07 10:40
    뉴스 메뉴 보기
    ブリマイスター氏と所属選手の黄喜燦(ファン・ヒチャン、左)、孫興民(ソン・フンミン、右)。ブリマイスター氏はインタビューで「孫興民ナポリ移籍説」を一蹴した。[写真 ブリマイスター氏]
    TOP