주요 기사 바로가기

米朝実務交渉決裂…北朝鮮側代表「期待にこたえられずとても不快」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.06 12:25
0
スウェーデンで開かれた米朝非核化実務協議が決裂した。北朝鮮側の金明吉(キム・ミョンギル)首席代表は5日午後6時ごろ、協議会場から北朝鮮大使館に戻り米国を非難する立場を発表した。

金大使は「米国はわれわれが要求した計算法をひとつも持ってこなかった。われわれが要求した計算法は米国がわれわれの安全を脅かし発展を阻害するあらゆる制度的装置を除去する措置を実践で証明すべきということ」と話した。また「核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)試験発射中止が維持されるかは全面的に米国にかかっていている」と話した。

金大使は「交渉がわれわれの期待にこたえられず決裂しとても不快だ。決裂は米国が旧態依然な立場と態度を捨てることができなかったため」と主張した。続けて「シンガポール朝米首脳会談以降だけでも米国は15回にわたり制裁措置を発動し合同軍事演習も再開した。朝鮮半島周辺に先端戦争装備を持ち込みわれわれの生存権と発展を脅かした」とした。金大使は「米国側がわれわれの交渉に準備ができていないと判断し、年末までさらに熟考してみることを提案した」と明らかにした。以下は立場発表全文。

今回の朝米実務交渉は6月の板門店(パンムンジョム)首脳対面の合意により構想されさまざまな難関を克服して設けられた容易ではない出会いだった。今回の交渉が朝鮮半島情勢が対話か対決かという岐路に立った時期に進められただけにわれわれは今回朝米関係発展を追求するための結果を出さなければならないという責任感、米国が正しい計算法を持ってくるという期待感を持って交渉に臨んだ。しかし交渉はわれわれの期待にこたえられず決裂した。私はこのためとても不快に思う。

今回の交渉が何の結果導出もできず決裂したのは全面的に米国が旧態依然な立場と態度を捨てることができなかったところにある。米国はこれまで柔軟なアプローチと新たな方法を示唆し期待感を膨らませたが何も持ってこず、われわれを大きく失望させ交渉意欲を失わせた。

われわれがすでに米国側にどのような計算法が必要なのか明確に説明し時間を十分に与えたのに米国が手ぶらで交渉に出てきたのは問題を解決するつもりがないということを示している。われわれは今回の交渉で米国の誤ったアプローチでもたらされた朝米対話の膠着状態を破り問題の突破口を開ける現実的な方法を提示した。 米朝実務交渉決裂…北朝鮮側代表「期待にこたえられずとても不快」(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米朝実務交渉決裂…北朝鮮側代表「期待にこたえられずとても不快」(1)

    2019.10.06 12:25
    뉴스 메뉴 보기
    米朝実務交渉北朝鮮側の金明吉首席代表(中央)が米国との会談後北朝鮮大使館に戻り米国を非難する立場を発表している。キム・ソンタク特派員
    TOP