주요 기사 바로가기

【コラム】大韓民国は記憶戦争中(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.06 11:31
0
歳月は歴史的記憶の墓だ。歴史的記憶を持続可能にするなら記念日指定のような人為的な装置が必要だ。外部的刺激も必要だ。なぜ私たちは韓日戦ならジャンケンでも負けてはならないと認識することになったのだろうか。日本の政治家たちの独島(ドクト、日本名・竹島)・慰安婦関連妄言のおかげだ。彼らは日本の蛮行に対し私たちが忘れそうになると私たちの過去の歴史的トラウマを想起させてくれる。日本の指導層の妄言さえなかったなら、彼らが本当に謝罪したなら、逆説的に韓国は日本の事実上経済植民地に転落していたかもしれない。日本の指導層の妄言は典型的な小貪大失の事例だ。

特に1980年代が危険だった。彼らの妄言がなかったとすれば韓国は日本の経済力・文化力の前にお手上げになっていたかもわからない。妄言のおかげで私たちは内部力量を確かめ時間を稼ぐことができた。K-POP、K-ムービーのような韓流ブームも難しかったかもしれない。

忘却するということは許すことだ。敵を愛することだ。敵がしっかりと謝罪をしなくても敵の罪状を忘却して許すだろうか。

対北朝鮮太陽政策は過去史を事実上不問に付した。和解と共同繁栄、さらに進んで統一がもっと重要だという判断のためだ。対日太陽政策が必要だ。「戦略的忘却」が必要だ。過去の問題を日本に先立ち私たちが先に忘れるのはどうだろうか。韓日関係が何年か前の水準に復元され、私たちが対馬に観光もたくさん行き投資もたくさんするならば、対馬が事実上韓国の地になり得るという「けしからぬ」想像もしてみる。

民族国家時代が徐々に暮れグローバル時代の太陽が昇っている。民族国家の集団記憶を徐々にグローバル集団記憶が代えることになる可能性が大きい。民族とグローバルの間に東アジアがある。民族からグローバルに進むのに東アジアという中間段階が必要ならば韓中日中心の東アジア集団記憶が必要だ。

記憶ばかりが能ではない。時には忘却してこそ和解と繁栄と国益守護が可能だ。忘れてこそ本当に記憶できる歴史的瞬間が多い。最近ろうそく集会・太極旗集会参加者ともに、きょうこの瞬間が大切な歴史の追憶になることを切実に希望する。

キム・ファンヨン/論説委員・中央コンテンツラボ 【コラム】大韓民国は記憶戦争中(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP