주요 기사 바로가기

北朝鮮「周辺国には非公開で」…米朝極秘談判、日程も一日延長

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.05 13:04
0
北朝鮮と米国がストックホルム談判に入った。クォン・ジョングン北朝鮮側次席代表(元外務省米国局長)とマーク・ランバート米国務省北朝鮮担当特別副代表が4日、スウェーデンで会い、米朝非核化実務交渉の予備接触をした。両国が会談テーブルで向き合ったのは、トランプ大統領と金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の6月30日の板門店(パンムンジョム)会談以来96日ぶりとなる。

双方はこの日の予備接触であいさつを交わし、実務交渉の議題について話し合ったことが分かった。双方はこの日の接触の結果に基づき、5日から金明吉(キム・ミョンギル)北側首席代表とビーガン北朝鮮担当特別代表による本交渉に入る予定だ。北朝鮮側は今回の会談のために5人ほどの代表団を構成した。

こうした中、米朝両国は当初の北朝鮮側の発表とは違って会談を一日延長し、6日まで続けることで一致した。北朝鮮側代表団も6日まで会談をした後、北京経由で8日に帰国する日程を暫定的に決めたという。外交筋は「双方は今回の会談を苦労して実現させただけに、できる限り多くの議論をして進展させようという方針に基づき、会談を2日間行う方向に進んだ」と伝えた。予備接触の結果に基づいて5日に談判をし、これを本国に報告した後、また議論する時間を設けるという趣旨だ。

ただ、予備接触で不足する点があったり本交渉が進行しても隔たりが埋まらない場合、交渉が決裂したり、6日以後に交渉が延びたりする可能性も排除できないというのが情報筋の伝言だ。

別の情報筋は「北朝鮮は年末まで成果を出すべきだとして交渉期間を公開的に明らかにし、米国も弾劾の雰囲気の中で来年の大統領選挙という政治日程を控えていて、双方ともに時間に追われる状況」とし「今回の交渉で何か成果を出すべきだという負担感が作用しているようだ」と説明した。

特に今回は北朝鮮が決心した姿だ。交渉日と場所を調整する過程で北朝鮮は米国に進行状況を周辺国に知らせないでほしいと要請した。米国が交渉直前まで交渉場所はもちろん日程さえも公開しなかったのもこのためと解釈される。ツイッターを通じて米朝会談状況を随時中継してきたトランプ大統領も今回は沈黙した。

米国は以前とは違い韓国政府にも情報提供を最小限にとどめたという。この情報筋は「韓米両国が北朝鮮非核化協議を持続してきたが、具体的な交渉内容については発表が迫ってから共有した。これは北朝鮮側が非公開を要請したためとみられる」と説明した。実際、韓国外交部の李度勲(イ・ドフン)韓半島平和交渉本部長はこの日、米国側の要請でスウェーデン現地に合流しなかった。

北朝鮮もニューヨーク国連代表部に米朝チャンネルがあるにもかかわらず、交渉調整過程でこれとは別の窓口を稼働したという。保安維持のためだ。2月のベトナム・ハノイ米朝首脳会談と違い、今回は必ず成果を得るという北朝鮮側の内心が反映されたと分析される。

米朝は6月の板門店会談から約90日間、実務交渉議題の調整に注力した。ハノイでは北朝鮮の完全な非核化と見返りの議論という米国の「ビッグディール」と、段階別に相応措置をしようという北朝鮮の主張が衝突した。しかし今回の交渉では双方が直ちに何か見せることができる部分に合意した後、次の段階に移る方式を選択する可能性が提起されている。

チン・ヒグァン仁済大統一学部教授は「米国が主張するビッグディールは北の非核化検証などに相当な時間がかかり、技術的にも複雑な問題」とし「ハノイで傷を負った金委員長や非核化の進展が切実なトランプ大統領の立場では、どうにかして可視的な成果を出そうとするだろう」と予想した。ビッグディールよりは第1段階として双方がやり取りする方式、すなわち北朝鮮が希望した段階的・同時的方式で非核化「措置」を始めることに合意した後、3回目の米朝首脳会談を通じて最終合意を図る可能性が高いということだ。北朝鮮が今回の交渉に臨む核心目標も3回目の米朝首脳会談という。

半面、一部では実務交渉を控えて展開した激しい米朝間の駆け引きと立場の違いなどを勘案すると一度の会談で妥協は難しく、今回の交渉は年末まで続く長い過程の第一歩になるという見方も出ている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北朝鮮「周辺国には非公開で」…米朝極秘談判、日程も一日延長

    2019.10.05 13:04
    뉴스 메뉴 보기
    米国のビーガン北朝鮮担当特別代表が4日、スウェーデン外務省の関係者と会った後、外務省庁舎から出てきている。 キム・ソンタク特派員
    TOP