주요 기사 바로가기

2つの「広場」に分かれた民心、国会が答える時だ=韓国

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2019.10.05 11:42
0
「瑞草洞(ソチョドン)」と「光化門(クァンファムン)」という2つの広場が異質の民心を噴出する場所になっている。正反対のスローガンを叫ぶ市民が道路を埋めている。それでも与野党は「広場と路上の政治」がもたらされた現実を自省するどころか、むしろこれを煽って便乗することに没頭している。政治の危機、代議民主主義の危機が臨界点に達したという警告音も強まっている。

光化門集会の翌日の4日、与党・共に民主党は対野党攻勢をさらに強めた。党指導部会議と報道官声明、メディアのインタビューなど利用可能なものを総動員した。ターゲットは光化門集会に参加した自由韓国党だった。汎保守陣営が率いて多数の市民が参加したが、「光化門集会=韓国党集会」と規定した。共に民主党の李海チャン(イ・ヘチャン)代表は「韓国党は台風の被害など国家的災難状況で動員集会に没頭し、公党であることを放棄した」と声を高めた。

瑞草洞集会との違いを列挙しながら光化門集会を低く評価した。朴光温(パク・グァンオン)最高委員は「瑞草洞集会は覚醒した国民の自発的参加と検察改革に対する切迫感から始まった半面、韓国党の暴力集会は党の総動員令の中に文在寅(ムン・ジェイン)政権を揺さぶろうとする不純な意図が介入した集会」と主張した。両集会を善と悪の対立と見なしたのだ。

5日に予定された瑞草洞集会への参加も促した。民主党は党レベルの集会出席はないと一線を画したが、5日の集会は先週より多い約20人の議員が個別に参加する計画という。文在寅大統領熱血支持層は「土曜日に瑞草洞には建国以来最大の人波が集まるだろう」と予告している。

韓国党も国会の代わりに広場に没頭するのは同じだ。黄教安(ファン・ギョアン)代表は「文大統領が決断しなければこの戦いを決してやめない」と警告した。羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)院内代表も「(前日の集会は)中道右派市民が出てきたのであり、民心が臨界点を越えている」と主張した。

与党内に自省の声がないわけではない。ある重鎮議員は「文大統領が就任後、盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の墓地を参拝して『全国民の大統領になる』と誓ったことを思い出す時だ」と述べた。しかしまだ水面下の動きにとどまっている。党の厳守令と来年の総選挙公認審査などのため依然として沈黙モードだ。チェ・チャンリョル龍仁大教授は「今は単なる勢力対決ではなく極端分裂状態であり、執権勢力の責任が大きい」とし「大統領が動かなければ、社会的内戦状態が深刻な状況を招くことになる」と述べた。

与野党がそれぞれの算法に没頭し、議会政治は失踪した。代議民主主義の象徴が代議民主主義の危機を叱咤する状況にまで進んだ。文喜相(ムン・ヒサン)国会議長はこの日、首席秘書官会議で「分裂と煽動の政治が危険ラインに達した。国民の怒りで真っ先に焼けてなくなるところが国会だということを今からでも気づくべき」と批判した。続いて「瑞草洞と光化門の集会で国民の意は十分に伝えられた。もう国会で答えを出さなければいけない。与野党が自重して民生と国民統合のために向き合うことを求める」と述べた。

丁世均(チョン・セギュン)元国会議長も「民主政治の核心である政党が役割を果たせず、代議民主主義が重大危機を迎えた」とし「政党指導者が重大な責任感を感じなければいけない。制度圏政治が無視されないようにするためには一日も早く道を見いだす必要がある」と強調した。元現国会議長の声は受け入れられるのか、現在のところ未知数だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP