주요 기사 바로가기

高校3年生の母も35歳の主婦も「腹が立って生まれて初めて集会に出た」=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.04 08:37
0
チョ・グク法務部長官の辞退と文在寅(ムン・ジェイン)政権を批判する人々が3日、ソウル市内の広場に総集結した。「反チョ・グク」を掲げてだ。汎保守勢力が主導した集会の歴史上最も多くの市民が光化門(クァンファムン)広場、ソウル広場、崇礼門(スンネムン)の前など世宗(セジョン)大路一帯に集まった。人波が埋め尽くして地下鉄駅を抜け出ることだけで30分以上がかかったりもした。朴槿恵(パク・クネ)前大統領の弾劾当時、光化門集会以来最多の人が集まったのではないかという分析も用心深く出てきた。

この日の集会は主催勢力により様々な所に分かれて開かれる予定だった。これに伴い、午前から世宗大路の所々に勢力別に集会の拠点が作られた。文在寅下野汎国民闘争本部〔教保(キョボ)ビル前、午後1時〕、一波万波愛国者連合〔東和(トンファ)免税店前、午後2時〕、韓国教会祈祷連合(ソウル広場、昼間12時)、太極旗革命国民運動本部〔大漢門(テハンムン)前、昼間12時〕、自由韓国党(世宗文化会館前、昼間12時45分)、ウリ共和党と千万人無罪釈放本部(ソウル駅広場、昼間12時30分)などだ。

だが、勢力別境界は正午を過ぎて意味がなくなった。午前10~11時から広場に姿を表わし始めた集会参加者らが昼間12時以降急激に集まり、ソウル駅から光化門まで長さ2キロメートル、幅100メートル(往復10~12車線)の空間に巨大な「人間帯」が作られた。集会に参加した市民は「文政権、審判チョ・グク拘束」「文在寅退陣」などのピケを手にして「チョ・グクを罷免、文在寅政権は退陣」などを叫んだ。

保守勢力が主導する集会にこのように多くの人々が集まったのは前例がない。広場には「生まれて集会ということに初めて出てみた」という市民も少なくなかった。ソウル奉天洞(ポンチョンドン)に住む主婦のユさん(55)は「集会に一度も出たことがなかったが、腹が立って出た」として「子供が高校3年生で医大を準備している。本来家族と政治の話はしない方だが、今回話しているうちに意見が一致して家族ぐるみで出た」とした。3歳と5歳の娘とともに現場を訪れた主婦のキムさん(35)は「一度も集会に出てたことがなかったが、現政権が嘘で嘘を覆っているのが正しくないと思って出た」とした。先月28日に開かれた瑞草洞(ソチョドン)検察庁舎の前で行われた集会もこの日の集会の起爆剤となった。高校教師のキムさん(34)は「瑞草洞集会を全部合わせても5万人にならないと思ったが、200万人だと嘘をつくことを見て集会参加を決心した」と話した。

黄教安(ファン・ギョアン)代表と羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)院内代表など韓国党指導部と保守政治家も現場に総集結した。黄代表は午後2時ごろ、光化門広場の演壇に立って「チョ・グク氏は国政をするのでなく、今直ちに出てきて刑務所に行くべき人でないか」として「新しい証拠が毎日10件、15件ずつ出てきているが、そのような人を任命する大統領もまともな精神状態なのか疑わしい」とした。羅卿ウォン院内代表は集会の参加者に向かって「先週瑞草洞大検察庁の前で行われたデモを見たか」として「彼らが200万人だったとすれば今日私たちは2000万人」と声を高めた。金秉準(キム・ビョンジュン)前韓国党非常対策委員長、洪準杓(ホン・ジュンピョ)前韓国党代表、金文洙(キム・ムンス)前京畿(キョンギ)知事など院外の要人も姿を表わした。デモ隊の相当数はこの日午後3時20分ごろ、青瓦台前のサランチェ近くで「文在寅下野」などを求めながら暴力デモを行って一部が警察に連行されたりもした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP