주요 기사 바로가기

Super M「東・西洋が一つになったパフォーマンスで米国市場魅了する」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.03 11:07
0
「K-POPアベンジャーズ」は世界市場に通じるだろうか。SMエンターテインメントと米国キャピトル・ミュージック・グループ(CMG)が合作したプロジェクトグループSuper M(スーパーエム)が2日、ソウルで記者懇談会を開き、1stミニアルバム『Super M』を公開した。SHINee(シャイニー)のテミン、EXO(エクソ)のベクヒョンとカイ、NCT(エヌシーティー)127のテヨンとマークら7人が集結した連合チームだ。中国グループWayVのルーカスとテンはそれぞれ香港とタイ出身だ。

テミンは「2008年SHINeeとしてデビューした頃だけでもアジア公演をたくさん行っていたが、米国市場に進出するということが夢のようだ」と所感を明らかにした。反面、2016年デビューしたNCT127は6月、『NCT #127 WE ARE SUPERHUMAN』でビルボードのアルバムチャート11位を占めるなど米国でも活発に活動している。テヨンは「練習生時代に見ながら育った先輩たちと一つのチームで活動することになって心配が先立ったりもしたが、一日一日がとても楽しい」と話した。

メンバーの組合はイ・スマン総括プロデューサーのアイデアだ。昨年初めにNCT127の米国進出を控えてパートナーシップを結ぶことになったCMG側の協業提案を受け、各チームからパフォーマンスに特に秀でたメンバーを選抜した。最年長者としてリーダーを引き受けることになったべクヒョンは「同じSMタウンのメンバーで以前何度もコラボレーションしたことがあるが、思ったより相性がよく合って驚いた」と話した。

「東洋と西洋が出会って一つになるという新しい世界を見せる」というイ・スマン・プロデューサーの説明のように、1stアルバムは東洋的な要素を積極的に借用した。タイトル曲『Jopping』は走るという意味の「Jumping」とシャンパンの蓋を開ける音「Popping」を掛け合わせて作った新造語で、カンフーからモチーフを得た振りつけをリリースする。カイは「ミュージックビデオ(MV)がコロシアムで戦う戦士というコンセプトだが、一言で全部終わらせてしまうという意味」と説明した。

太鼓や牙箏など国楽器が加味された『I Can’t Stand The Rain』など合計5曲が収録された。韓国語の歌詞は20~30%余りで英語歌詞の比重のほうが高い。

イ・スマン・プロデューサーは「Super Mはカルチャーユニバース(CU)の最初の主人公」としながら今後さらに多彩なプロジェクトが待っていることを示唆した。彼は先月の世界知識フォーラムで「これまでSMが追求してきたカルチャーテクノロジー(CT)を基に、マーベル・CAA・グローバルシチズンなどと協業して新しいCUを作る計画」と明らかにした。

Super Mは5日(現地時間)、米国ハリウッドのキャピトル・レコード・タワーで野外ショーケースを開いて新曲ステージを初公開する。この日の舞台はYouTube「SMタウン」チャネルを通じて全世界に生中継される。

1日、ソウル国際ミュージックフェアに参加したCMGのニコル・フランツ上級副社長は「トレンディーなビジュアルと興味深いストーリーテリングがK-POPの強み」としながらSuper Mについて「ポップ音楽市場がますますグローバルになっている状況でまだK-POPを経験したことのない人々に近付けるきっかけになるだろう」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    Super M「東・西洋が一つになったパフォーマンスで米国市場魅了する」

    2019.10.03 11:07
    뉴스 메뉴 보기
    Super M
    TOP