주요 기사 바로가기

弾道ミサイルとは次元が違う…米国の逆鱗に触れた北朝鮮のSLBM

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.02 18:06
0
北朝鮮が2日、発射したミサイルをめぐり軍内外では「国連安保理決議に違反した水準を超え、米国の逆鱗に触れた」という話が出ている。このミサイルが性能の改善を成し遂げた潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)潜水艦から発射されたことが事実であれば、国際社会にとって大きな脅威になるおそれがあるという意味だ。

合同参謀によると、北朝鮮は同日午前7時11分頃、江原道元山(カンウォンド・ウォンさん)北東の海上で東海(トンヘ、日本名・日本海)方向に弾道ミサイルを1発発射した。このミサイルが最大飛行高度910キロメートル余り、距離約450キロメートルと検出されたことなどを挙げ、合同参謀はこれをSLBMと推定している。今年に入り10回短距離弾道ミサイルを発射したものとは次元が異なるという評価が出ている。

更に、ミサイルが3000トン級潜水艦から発射されたとすれば、問題がより深刻になるというのが軍当局の判断だ。過去のSLBM武力示威より脅威の水位がはるかに高くなったということだ。北朝鮮は2015年5月から2016年8月までに4度にわたりSLBMの発射実験を敢行した。この時動員された潜水艦は2000トン級の新浦(シンポ)級の潜水艦だった。

しかし、北朝鮮は7月23日に金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が新型潜水艦を視察する写真や動画を公開した。目を引くのは大きさだ。北朝鮮の新型潜水艦は既存の新浦級SLBM潜水艦よりもはるかに大きく、3000トン級と推定された。3000トン級潜水艦の建造状況は他の経路でも捕捉されている。米国の北朝鮮専門メディア38ノースは咸鏡北道(ハムギョンブクド)の新浦造船所の建物外部に積まれている大きな丸い構造物の様子などを衛星写真で分析し、3000トン級潜水艦建造の可能性を提起してきた。SLBM発射が中断された3年間に北朝鮮は内部的に技術の向上に拍車をかけていたことになる。

3000トン級に船体が大きくなったSLBM潜水艦はその分航続距離を伸ばすにも有利で米国本土まで射程圏に入れることができる。北朝鮮の潜水艦モデルとして知られているロシアのゴルフ型潜水艦は、航続距離が1万7600キロメートルに及ぶ。北朝鮮から米国本土西海岸までの距離が1万キロメートル前後という点を勘案すれば、北朝鮮の潜水艦が米国本土の海岸に接近することは難しくない。

脅威の鍵は隠密性だ。SLBMの射程距離が長くなるほど、米国本土から遠い海岸からミサイルを発射して離れることが可能だ。北朝鮮が3年前に試験発射に成功した北極星1型SLBMであれば射程距離(1500~2000キロメートル)ほど離れた場所から米国本土に打撃を与えることができる。北朝鮮が最近開発中の北極星3型を搭載すれば、ターゲットに2500キロメートルまで接近しただけでミサイルを撃つことができる。軍の消息筋は「3000トン級潜水艦に北極星3型を搭載することが現実になれば、ハワイやグアム程度は容易に攻撃射程距離に入れることができる」と評価した。

広い海に潜って移動する潜水艦の特性上、事前捕捉がほぼ不可能だという点も脅威だ。ディーゼル潜水艦は通常、エンジンの充電に必要な酸素吸入のために1日1回程度水上に出なければならないが、深夜にこの作業が行われれば、検出は容易でない。特に空気不要装置(AIP)が適用された潜水艦は、この作業を1週間に1度に減らすことができる。北朝鮮がAIPを潜水艦に搭載したかは、まだ明らかになっていない。また、北朝鮮が半永久的に潜航が可能な原子力潜水艦の開発までは実現していないものと確認されている。

軍の一部では北朝鮮のSLBMの脅威が過大評価されたという意見も提起されている。軍関係者は「北朝鮮のSLBM潜水艦はまだAIPがついていない『従来の』水準だと評価できる」とし「米国の監視資産を避け、本土に接近するのは難しいとみる」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP