주요 기사 바로가기

【コラム】米軍犠牲者の上に立つ米太平洋空軍=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.02 10:57
0
米軍太平洋空軍司令部があるハワイのヒッカム空軍基地は米兵約60人が死亡したところだ。米軍当局はこうした過去を忘れず胸に刻んでいる。9日に訪問した基地には破片と銃弾の跡が残った壁がそのまま保存されていた。壁の前には「攻撃があったその朝、多くの空軍兵士が死亡した」とし「(この跡は)命を失った彼らの犠牲を記憶する静かな象徴」という文字が刻まれている。「その朝」とは1941年12月7日、日本軍が真珠湾を空襲した日の朝だ。当時を説明した部隊内の担当者によると、その日の朝、日本軍は兵営だったここを集中的に攻撃し、兵営内の食堂だけでも朝食をとるために集まっていた米軍将兵35人が死亡した。

太平洋空軍は地球の表面の半分を作戦区域とする米軍のインド太平洋司令部の翼だ。避けられない場合、中国とアジア側のロシアを一挙に攻撃する戦略空軍が太平洋空軍だ。この日の太平洋空軍側のブリーフィングではインド太平洋司令部の5大懸案が登場した。北朝鮮-中国-ロシア-テロと環境・災害だ。軍が懸案とする時はその脅威を無力化する戦略と資産まで講じている。もちろん太平洋空軍側は中国・ロシア・北朝鮮の防空網を突き抜ける戦略核爆撃機、ステルス爆撃機は抜いてブリーフィングした。韓国も米国も外交安保当局者は事実を話しながらも、それが何を意味するかを悟られないよう隠す能力がある。

太平洋空軍の核心パートナーは日本だ。太平洋空軍の上位単位であるインド太平洋司令部の核心協力国が日本だ。米国はすでにオバマ政権当時から日米同盟の領域を東アジアを越えて太平洋一帯に拡張している。米国の立場では日本列島が中国・ロシアの太平洋進出を防ぐ地政学的な防波堤であるうえ、トランプ政権に入ってから安倍政権は口の中の舌のように動いている。米国のトウモロコシも買い、国際舞台で中国も牽制する。いま日本はトランプ政権の対外戦略で最大の協力国だ。

それでもヒッカム基地にある銃弾の跡が消えることはなさそうだ。ヒッカム基地だけではない。真珠湾のこの海にはその日の朝に日本軍が撃沈させた戦艦「アリゾナ」を記憶するためのアリゾナ記念館が建てられ、米国民と観光客を呼ぶ。沈没した船体の上に海上記念館がある。この海で「アリゾナ」の海軍1177人が戦死した。

ヒッカム基地に空襲の記憶がそのまま残っている理由は、太平洋空軍が日本に報復するためではない。過去を繰り返さないためだ。部隊内の担当者によると、米国が記憶する教訓は「我々が敵を過小評価した」だった。

過去を忘れないことに関しては我々も同じだ。北朝鮮の非核化のために南北和解協力が必要ならその方向に進むべきだが、それでも過去があたかも存在しなかったかのように隠すことはできない。南侵韓国戦争(朝鮮戦争)、アウンサンテロ事件、大韓航空機爆破、蔚珍(ウルチン)・三陟(サムチョク)武装共産軍浸透事件など北朝鮮は軍事的盲動主義で韓国を揺さぶろうとした。これを記憶する理由は北進統一を成し遂げるためではなく、力がなければ南北関係ではいつでもこうした過去が繰り返されるおそれがあるからだ。

日本帝国主義の侵奪を記憶する理由も、今の日本の国民に竹槍を向けるためではない。国のリーダーシップが無能で、国論が中国かロシアか米国かに分裂すれば、いつのまにか隣国は外敵に急変して強盗のように攻め込んでくるという過去を忘れないためだ。ハワイのヒッカム基地でなくてもどこでも悟ることができる教訓だ。

チェ・ビョンゴン/国際外交安保チーム長

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP