주요 기사 바로가기

独島飛行めぐり「国軍の日」に冷水浴びせた日本…韓国も直ちに対応

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.02 06:50
0
1日に開かれた第71周年「国軍の日」に日本が韓国空軍の独島(トクド、日本名・竹島)飛行に強く抗議するや、韓国も日本に警告メッセージを送って直ちに対応した。

この日午前、韓国空軍は国軍の日の行事の一環として、大邱(テグ)空軍基地からF-15K戦闘機4機を出撃させ、東海(トンへ、日本名・日本海)の独島と南海(ナムへ)の馬羅島(マラド)、西海(ソヘ、黄海)の直島(チクド)上空まで飛行する「領空守護飛行」を実施した。有事の際、韓半島(朝鮮半島)の領空のどこへでも出撃することができるという作戦遂行能力を見せるという趣旨だった。操縦士は独島付近で管制センターに「東海、独島西南方50マイル(NM、nautical mile)前方の韓国防空識別圏(KADIZ)上空、未識別航跡なし、領空防衛異常無し」と交信したりもした。

これに日本が直ちに反発したことで外交戦へと広まった。NHKなどによると、日本は滝崎成樹・外務省アジア大洋州局長がこの日、駐日韓国大使館の金敬翰(キム・ギョンハン)次席公使に電話して「日本が事前に中止を要請したにも関わらず、今回韓国軍の戦闘機が竹島周辺を飛行した」とし「極めて遺憾」と抗議した。河野太郎・防衛相もこの日の記者会見で、韓国側が戦闘機を独島に飛行させたことを知っているとしたうえで「賢明な対応をしていただきたい」と批判した。

韓国軍当局はすぐにコメントを出して日本を批判した。国防部は「日本の独島領有権の主張は一考の価値もなく、独島に対する韓国の主権を隙なく守護していく」と強調した。また「国軍の日の行事の一環として大韓民国の固有の領土である独島上空を我が空軍機が哨戒飛行したことに関連し、日本側が韓国の武官を呼んで不当な領有権主張を繰り返したことに対して強力抗議するところであり、このような形態をこれ以上繰り返さないよう厳重に求める」と明らかにした。駐日本韓国武官も日本側に「日本側の不当な主張を受け入れることはできず、独島は歴史的・地理的・国際法的に明白な大韓民国の固有領土」と伝達した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP