주요 기사 바로가기

現代自動車のフライングカー、NASAの頭脳にかかる

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.01 09:40
0
現代自動車グループが本格的に空を飛ぶ車「フライングカー」事業に進出する。担当事業部を新設して米航空宇宙局(NASA)出身の専門家をトップに座らせた。米国と中国がフライングカーの機体とシステムの開発競争をする中、現代車もここに飛び込んだのだ。

現代自動車グループは都心航空モビリティー(UAM)事業部を新設し、NASA航空研究総括本部長だったシン・ジェウォン博士を担当副社長として迎えたと30日、明らかにした。

シン副社長は現代車の都心航空管制システムを総括、開発する。シン副社長は現代車の都心航空モビリティーロードマップを作り、航空機体の開発と飛行制御ソフトウェアなど核心技術の開発に集中する予定だ。NASA航空分野で30年間勤務し、組織で20人以内に入る最高位職まで歴任しただけに、現代車が申副社長にかける期待は大きい。

シン副社長の招聘と担当事業部の新設は鄭義宣(チョン・ウィソン)首席副会長の意志が反映されたという。鄭首席副会長は先月23日(現地時間)、米ニューヨークでの記者懇談会で「飛行自動車がレベル5の自動運転車よりむしろ先に商用化される可能性もある」とし「空中に浮いてしまえば、その後は自動運転で運行されるが、空は地上より障害物も少なく自動運転に適した面がある」と述べた。

専門家らはフライングカーの開発を世界的な傾向と話す。イ・ホグン大徳大自動車学部教授は「現代自動車はフライングカー分野で後発走者と言えるが、『ファストフォロワー』として速やかに追い上げることができる」とし「体づくりをしておいて、市場が『フライングカー』への方向を見せた時にスパートした姿」と評価した。

すでに中国はドローンを基盤としたフライングカーの機体開発に取り組んでいる。2016年に中国ドローンメーカーEhangが人を乗せることができる4軸ヘリコプターを公開した。米国はUberが5つのプロジェクトパートナー社と提携し、フライングカーのシステム開発を進めている。米国は2023年の商用化を目標にしている。

欧州の場合、アウディ・エアバス・イタルデザインが連合して2018年にフライングカー「ポップアップネクスト」を公開するなど本格的な開発を進めている。米投資銀行モルガンスタンレーは2040年までに都心航空モビリティー市場規模が1兆5000億ドル(約162兆円)に成長すると予想した。

現代車の「フライングカー」は成功できるのだろうか。現代車は昨年からすでにフライングカーの開発を始めた。昨年11月に現代車は米ドローン会社「トップフライト」に戦略投資した。ハイブリッド型ドローン開発に乗り出したということだが、今後、現代車の燃料電池車技術と結びつく可能性がある。ハイ投資証券のコ・テボン・リサーチセンター長は「電気バッテリーはフライングカー滞空時間が15分ほどだが、燃料電池を基盤とすれば4時間以上の滞空が可能」とし「従来のトップフライトのハイブリッドドローンもこの技術と接続することができるだろう」と話した。

専門家は現代車の新事業拡張について必要性は認めながらも、見通しについては意見が分かれた。産業研究院のイ・ハング研究委員は「自動車と航空は結局ともに進む傾向」としながらも「現代車は新事業をせざるを得ないため始めるが、一人の人材を確保するのも容易でない」と指摘した。イ・ホグン教授は「開発の着手に意味があり、もし商用化をできないとしても研究しないよりかはまし」とし「基礎技術がない状況で海外から新技術を導入すれば非常に高い費用を支払うしかないため」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    現代自動車のフライングカー、NASAの頭脳にかかる

    2019.10.01 09:40
    뉴스 메뉴 보기
    元NASA航空研究総括本部長のシン・ジェウォン博士
    TOP