주요 기사 바로가기

<女子ハンドボール>韓国、10大会連続で五輪本大会行きの快挙…中国破り予選全勝

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.09.30 13:36
0
韓国女子ハンドボール代表が10大会連続となるオリンピック(五輪)本大会進出を決めた。

カン・ジェウォン監督が率いる韓国は29日、中国で行われた2020年東京五輪アジア地域予選の最終日、中国に31-20で勝利した。韓国、北朝鮮、カザフスタン、タイ、香港、中国の6カ国が出場した今大会で韓国は5戦全勝となり、本大会行きチケットを獲得した。

団体球技種目のうち韓国が東京五輪本大会進出を決めた種目は女子ハンドボールが初めて。ハンドボール、水球、野球、ソフトボール、サッカー、バスケットボール、バレーボール、ラグビー、ホッケーなどの団体球技種目があるが、まだ韓国が出場資格を獲得した種目はない。

五輪連続出場記録は10回に増えた。韓国女子ハンドボールは1984年ロサンゼルス大会で初めて五輪の舞台を踏んだ後、来年の東京大会まで10大会連続で五輪本大会に出場することになった。ハンドボール史で五輪本大会10回連続出場は韓国女子代表が唯一。スペイン男子代表は2012年ロンドン大会まで9大会連続で本大会の舞台を踏んだが、2016年リオデジャネイロ五輪に出場できず、連続出場記録が途切れた。

韓国女子代表は1998年ソウル大会、1992年バルセロナ大会で五輪2連覇を達成して全盛期を迎え、2012年ロンドン大会まで8大会連続で4強入りした。しかし2016年リオデジャネイロ五輪ではグループリーグで敗退した。東京五輪が名誉回復の舞台として期待される理由だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <女子ハンドボール>韓国、10大会連続で五輪本大会行きの快挙…中国破り予選全勝

    2019.09.30 13:36
    뉴스 메뉴 보기
    女子ハンドボール韓国代表が東京オリンピック(五輪)アジア予選で5戦全勝し、五輪出場権を獲得した。大会終了後の表彰式場で北朝鮮の選手と共に記念撮影をした韓国の選手。 [写真 大韓ハンドボール協会]
    TOP