주요 기사 바로가기

韓経:現代重工業・ポスコ「素材の国産化」で意気投合

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.09.27 11:48
0
現代重工業グループがポスコとともに液化天然ガス(LNG)を燃料として使うLNG推進船の燃料タンク(鳥瞰図)素材の国産化に出る。LNG推進船は既存の軽油、またはバンカーC油を燃料として使った船舶に比べて汚染物質の排出が少なく、未来型環境にやさしい船舶に選ばれる。

現代重工業グループは18万トン級のLNG推進では燃料タンクにポスコが開発した「9%ニッケル鋼」を適用したと26日、発表した。船舶がLNGを燃料として利用するには氷点下160度以下でLNGを保管するタンクが必要だ。ニッケルを含有した9%ニッケル鋼は極低温(氷点下163度)の環境でも優秀な強度と耐久性を維持することができる。このLNG燃料タンクを搭載した船舶は来年11月、韓国の船主会社であるHライン海運に引き渡す予定だ。

現代重工業グループは今まで海外鉄鋼企業から9%ニッケル鋼を供給された。今回の契約を皮切りに国産化率を高めていくという計画だ。現代重工業グループは昨年系列会社である現代尾浦(ミポ)造船が建造した二重燃料推進船(バンカーC油とLNGを燃料として使う船舶)にポスコが開発した高マンガン鋼素材を燃料タンクに適用するなど、国産化のために協力してきた。

現代重工業グループは船種にともなう多様なLNG推進船の燃料タンクモデルを保有している。今回適用される燃料タンクは円筒形態で、主にバルク船とタンカーなどの甲板の上に搭載される。現代重工業関係者は「LNGタンクの設計から素材の需給、製作まですべての過程を国産化した事例ということから意味が大きい」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP