주요 기사 바로가기

<サッカー>東京五輪最終予選、韓国はウズベク、中国、イランと同じ「死の組」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.09.27 11:05
0
キム・ハクボム監督が率いるオリンピック(五輪)サッカー韓国代表(U-23)が、東京五輪アジア最終予選でウズベキスタン、中国、イランと対戦する。

26日にタイ・バンコクのホテルで開催された2020アジアサッカー連盟(AFC)U-23(23歳以下)選手権の組み合わせ抽選会で、韓国はウズベキスタン、中国、イランと同じC組に入った。

この大会は来年1月8日-26日までタイで開催され、2020東京五輪男子サッカーアジア最終予選を兼ねる。16チームが4組に分かれてグループリーグを行い、各組1・2位が8強トーナメントをして優勝チームを決める。

アジアに配分された東京五輪男子サッカー出場チケットは開催国の日本を含めて計4枚。今大会で日本が4強に入る場合、韓国は4強以上で五輪出場を確定する。日本が8強以下の成績に終わる場合は3位以内に入らなければいけない。

厳しい道のりが予想される。U-23選手の大会とはいえ、イランは依然としてアジア圏では最上位圏の戦力を誇る。体格とパワーが優れたウズベキスタンは中央アジアの伏兵だ。相対的に中国が容易な相手に見えるが、組2位以内に入ってこそトーナメントに進出できるだけに油断は禁物だ。

朴恒緒(パク・ハンソ)監督が率いるベトナムは北朝鮮、ヨルダン、アラブ首長国連邦(UAE)と同じD組だ。日本はカタール、サウジアラビア、シリアなど中東圏の国とB組に入った。別の優勝候補の豪州はタイ、イラク、バーレーンと同じA組で、無難な組に含まれた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP