주요 기사 바로가기

【グローバルアイ】河野太郎氏の的外れな康京和氏称賛

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.09.27 08:48
0
「外務大臣時代は康京和(カン・ギョンファ)外相というよいパートナーがいた。日韓関係を新たな高みに引き上げようとしていた矢先の韓国の大法院判決で、非常に残念に思っている」

防衛相に職位を移した河野太郎前外相が最近繰り返している言葉だ。現実感覚に欠け、分別がない釈明に聞こえるが、日本政界の「変わり者」と呼ばれている彼はインタビューのたびにこのような話をする。自分と康長官をヨイショしながら関係悪化の責任を「徴用判決」にかぶせる。実際、2人の間には通じる部分が多かったという。「英語が流ちょうな2人はカメラの前では硬い表情をつくりながらも、会談が始まれば表情が明るくなる」という言葉もあった。だが、少なくとも韓日関係において2人は失敗した将帥だ。東京特派員として取材をしていた最近2年間、2人のまともな活躍を見たことがない。決定的な場面になるたびに2人は舞台をしばしば空けた。河野氏は経済産業省がどのような品目を輸出規制のターゲットとしているかさえ知らなかったという。日本政府の高位消息筋は中央日報に「輸出規制措置が取られるという事実は知っていたが、株価に及ぼす影響などのために正確な品目が何か外務省は聞くことができなかった」とした。韓国経済を支える半導体産業の核心部品がターゲットかどうか知らなかったということだ。

輸出規制強化措置が米国に対する韓日間の外交戦に拡大したとき、信じられないことに康長官はアフリカ出張に発った。GSOMIA(情報包括保護協定)終了の時も同じだ。日本メディアによると、韓国政府の決定前日、北京で康長官と会談した河野氏は周辺に「GSOMIAは大丈夫だろうという感じがした」と的はずれなコメントをした。翌日夕方、東京の空港に戻った河野氏に康長官がショートメッセージサービス(SMS)を通じて「破棄発表をまもなく行うようだ」という「釈明」SMSを送ったという報道もあった。2人が葛藤をあおったこともある。今年2月の会談の時は、文喜相(ムン・ヒサン)国会議長のいわゆる「天皇謝罪発言」をめぐって「謝罪と撤回を要求した」という河野氏の主張と、「そのような話はなかった」という康長官の説明が異なって混乱をきたした。外交交渉どころか小学生レベルの基本的な疎通でも問題を露呈させた。また、南官杓(ナム・グァンピョ)駐日大使を外務省に呼んで発言中に話を遮って「無礼だ」と話し、その「無礼な」毒舌を浴びせた河野氏の行動は日本政府内でも厳しい批判を浴びた。穴があったら今すぐにでも入りたいような時に「よいパートナー」云々する姿は本当に受け入れにくい。「性格は最悪だが、仕事はできる」という新外相・茂木敏充氏の登場を喜ぶ人がかなり多い理由だろう。

ソ・スンウク/東京総局長

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【グローバルアイ】河野太郎氏の的外れな康京和氏称賛

    2019.09.27 08:48
    뉴스 메뉴 보기
    河野太郎前外相、康京和外交部長官
    TOP