주요 기사 바로가기

韓経:「材料・部品・装備」競争国は米>日>独=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.09.26 13:28
0
日本の輸出制限措置で関心を集めている韓国の材料・部品・装備の技術水準はどれくらいになるだろうか。中小企業は自社技術を先進国競争会社の89%水準と評価していることが明らかになった。

中小企業中央会は材料・部品および生産設備製造中小企業1002社を対象に「材料・部品・装備中小企業技術の実現水準および技術開発関連の困難調査」を実施したと25日、明らかにした。

「技術開発を進めている製品の競争国」を尋ねる質問には、米国を挙げた企業が131社で最も多く、次いで日本(116社)、ドイツ(79社)、国内企業(51社)、中国(31社)の順となった。競争国および企業の技術水準を100と仮定した時、回答企業が自主的に判断した技術の実現水準は平均89.0%であることが分かった。細部的に中国の競争会社に対する技術水準は115.0%で高かった。だが、米国・ドイツ・日本と比較した時は85.3~89.3%水準でやや低い地位にあることが明らかになった。

「技術開発の進行」を尋ねる質問には、回答企業の50.7%が「現在、製品開発を進めている」と答えた。「製品開発の完了および事業化まで要する期間」は6カ月~1年以内が34.1%で最も多く、次いで1~3年(30.3%)、3カ月以内(14.0%)、3~6カ月(13.0%)の順となった。

「納品先の発掘時における最大のジレンマ」では「信頼性(性能+耐久性)の確保」(23.4%)が挙げられた。中小企業は試作品を製作後、品質安定性の確保および事業化段階で実際の生産環境と似たテストベッド適用などでうまく行かないときがあるためだというのが中小企業中央会の説明だ。

「日本輸出規制強化関連の政策対応方向」では「共生協力技術開発の拡大などを通じた競争力強化」という回答が44.1%で多かった。次に「国内外の製品需給情報・取引先の発掘およびマッチング支援」(25.1%)、「外交的解決方法の要請」(13.4%)の順となった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP